FC2ブログ

2016年08月 の記事一覧

これからも変わらず続けていきます

おはようございます。

突然ですが、またお知らせです。


7
かねてより「旅ブログ」を開設すると言ってはおりましたが、この度ようやく公開させていただくことになりました。

ブログ名は「小旅st」 です。
http://kotabist.click/

・・・とは言っても、まだ1記事しか書いていません・・・

これから少しずつ書いていこうと思いますので、どうぞこちらも合わせて見ていただけたら嬉しいです。

でも、このブログはこれからも変わらず続けてまいりますので、よろしくお願いいたします


1

さて昨夜は餃子。

豚ひき肉に創味シャンタンを溶かしたスープを加え、肉に吸わせる


2

塩コショウ、白菜、ニラ、キクラゲ、春雨を加えて混ぜる


3

今回は揚げと焼き、両方つくりました


4

肉より野菜が断然多め

軽くていくつでも食べられる

5

揚げもいいけど、やっぱり焼き餃子の方が好きだな♥

6

で、あっという間に完食。

餃子はやっぱり人気だ。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



「侠飯~おとこめし~」再現その②

毎週金曜の深夜ドラマ 「侠飯~おとこめし~」

生瀬勝久さん演じる“柳刃組長”の料理姿に毎回シビれ、すっかりハマっております。

その隣にいつも寄り添う若頭・“火野さん”もイイ味出してる♥


1

でも火野さんは料理が全然ダメ。

それでも窮地に立たされたときにつくった“囚人飯”がワイルドすぎて、興味深々!

で、昨夜それを真似てつくってみた。

2

用意するのはキュウリとミックスナッツ、塩、コショウ

それらを袋に入れてバンバン叩いて振るだけで完成



3

「侠飯~おとこめし~直伝・きゅうりとミックスナッツの和え物」

きゅうりとナッツを一緒に口に運ぶ。

それぞれ違う食感が最初は不思議な感じ。

何度も確かめながら食べ進むうちになんとなくクセになる。

でももちろん、これは“脇役”。


4

2品目は炒め物で。

スライスしたにんにくをカリカリに炒め、いったん取り出す

そのままのフライパンでスライスしたじゃがいもをソテーし、これまた取り出しておく


5

さらにそのままのフライパンで今度は豚バラを炒め、塩コショウ。

火が通ったら取り出しておいたじゃがいもとにんにくを戻し入れ、醤油・塩コショウで味を整えて完成。


6

「じゃがいもと豚バラのガーリックソテー」

好みで糸唐辛子や万能ネギをのせて


7

3品目は干しカレイ。

いつもならそのままグリルで焼いてスダチしぼっていただくんだけど、今回は天ぷら粉をまぶして バター焼き にしてみた。

両面焼いたら皿に盛り付け、焼いたあとのフライパンに醤油、スダチ果汁を加えてソースをつくり、カレイにかける。

ネギや七味をかけて完成。

8

今回再現しおた“おとこめし”は脇役だが、メイン料理の合間につつくのにちょうどいい。

“火野さん”みたいだ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

考え方を変えるだけ

1

ここ2、3日、エアコンいらずの快適な気温が続いている。

このまま秋になってくれたらいいのに・・・と思うが、そんな甘くはない。

が、やはり空気というか、ニオイというか、“秋”を思わせる。

この微妙な季節の移り変わりを感じるのが好きでたまらない。


2

この夏も思いっきり遊んだし、再び落ち着いて机に向かう時間が増えてきた。

昨日はほぼ一日中パソコンの前で作業。

仕事じゃないよ。「遊び」です。遊び。

“何か”に追わながらバタバタ慌ただしく生きるのに疲れ、今は仕事は仕事、プライベートはプライベートでしっかり分けて、“ココロが動くもの”に正直に生きることにしている。

そのおかげか、毎日の料理や晩酌も、ますます楽しい時間になった。


3

昨夜のメニュー。

みじん切りしたネギに塩コショウ、ゴマ油、レモン汁を合わせ、「ネギ塩」を作っておく

細かく切った豚バラ肉をカリカリになるまで炒める(余分な脂はキッチンペーパーで拭き取って)


4

カリカリになった豚肉を創味シャンタンで味付けし、ネギ塩タレを加えてザッと混ぜ火を止める。

あとは炊きたてご飯と混ぜ合わせて完成。好みでお醤油をたらしても♥


5

「カリカリ豚のネギ塩ごはん」

ワタシは酒を呑むときは飯もんは食べないが、コイツはスルーできない。


6

それから、もやし・ニラ・きくらげを塩コショウと創味シャンタンで炒めた野菜炒め。

創味シャンタン、使える。


7

そしてそして、またまた登場

シラスと青唐辛子のオムレツ。


8

繰り返しつくっているけど、今回はスキレットでちょっとだけおしゃれにしてみた。


9

秋が近づいてくると、日本酒が断然呑みたくなってくる(夏でも春でものんでるけど)


毎日、こーやってただただ酒の肴を綴っているが、こんなブログでも観てくださっている方々がいることがありがたい。

思えば、今の自分は仕事もプライベートも、好きなことに囲まれて生かせてもらっている。

ちょっと考え方を変えるだけで、人生は大きく変わるんだな。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

男はみんな新しい方が好き

1

昨日はパパの誕生日。

ナス3等分くらいにカットして中身をくり抜く

なんだかバカみたい・・・



2

筒型になったナスはそのまま素揚げ。

くり抜いた中身はダイス型にカットして片栗粉まぶして揚げる。

ムキ海老も同様に揚げる。

山芋はすりおろして、スプーンですくって落とし揚げ。

それらを筒型の茄子の中に詰めていく。

あぁ・・・めんどくさい料理。


3

ナスと海老、山芋を詰め込んだ“ナス”の上に白髪ネギとイクラをのせ、残ったダイス型のナスと万能ねぎ、すりおろした生姜などを散らしてめんつゆをかけて完成。

「茄子の宝石箱」

でも、めんどくさい料理はこれだけ。


4

あとはいつものお刺身の盛り合わせを買ってきて、テキトーにカットしてワサビ、梅肉、醤油、オリーブオイル、柚子の果汁で和えた簡単なヅケ。


5

男どものにはごはんにのっけて。


6

さぁいただきます♪

誕生日オメデトー(*´∀`*)ノ。+゜*。


7

そうそう、誕生日プレゼント、何がほしい?

パパにたずねると・・・


8

「この前ヒゲ剃り買ってもらったし、十分かな♥」

と、意外にも謙虚。

確かに、この前ねだられて、新しいヒゲ剃り機を買ってあげたんだ。

結構なお値段するのね、ヒゲ剃りって。

じゃあちょっと早めの誕生日プレゼントってことで、いいかしらね♪


9

ところが食事が終わってしばらくした頃に、パパが 「あっ!」 と声をあげた。

「時計が・・・こわれていたんだ・・・」


10

「時計・・・ダメ・・・?」

ダメッ!

こわれたんじゃなくて、電池が切れただけでしょ?

直してもらいなさい。

まったく・・・ヒゲそりも、スマホも、車も、男はすぐに新しい方を欲しがる。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村





どちらも本当の気持ち

1

昨夜の主役はこの「小アジ」

200円なり。


2

ゼイゴ、腹ワタなどを取って、きれいにおそうじ。

前日にケガした指の傷もなんのその。(修復が早い)



6

市販のポン酢に出汁、オリーブオイル、鷹の爪、柚子の絞り汁を合わせてマリネ液をつくる。

そこへ、網焼きしたネギ、パプリカ、しめじ、千切りしたピーマン、柚子の輪切りを加える。


3

水分をよく拭き取った小アジに片栗粉をまぶし、油でじっくり揚げる。

カラッと揚がったら先ほど作っておいたマリネ液へ熱々のうちに投入。

ジュ~ッ と音が聞こえる。


4

しばし漬け込んだら完成

「小アジと焼き野菜の和風マリネ」

ツンとした感じがなく、まろやかで食べやすい。

小アジは骨までサクサクいただける。


5

あとは「ペリエ」で買ってきたお惣菜で。(ポイント5倍の日だったから♥)


まだまだ暑い日が続いているけど、なんとなく“肌”で夏の終わりを感じる今日この頃

ココロがスーっとするような、でもちょっと切ないような、そんな複雑な気持ち。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

恐ろしいクセ

なんだかチクッと痛みを感じて指を見ると・・・


1

右手の指だけ、気が付くと切れていることが度々ある。

出血するほどのケガではないが、指先ってちょっと切るだけでも痛いのよね。

でも自分は右ききだがら、包丁で切ったとしたら左手のはず・・・

紙かなんかで切ったのかな?・・・でも、そんな覚えもないんだけど


2

なんとなく気にはしていたが、原因がわからないままだった。

ところが昨日の仕事中・・・


3

ハッと気がついた



4

包丁の刃を素手で掴んでいる!!!!


5

仕事に夢中になっているとき、包丁を手にしようとして無意識に刃の方を触ってしまっていることがあるみたい。

で、すぐさま右手の指をみると、中指の腹に例の傷がつくられていた。

原因はコレか・・・

恐ろしいクセ・・・気を付けないとね♥



10

さ、呑もう

昨夜はアルゼンチン赤エビ

いやらしく頭も残して、軽くソテーし、皿に取り出す。

そのままマッシュルームを炒め・・・


7

生クリーム、塩コショウ、長ネギを加えて火をとおし、皿に盛り付けた海老にかけ、チーズをのせる


8

バーナーで炙って、 「赤海老のグラタン仕立て」 の完成

9

細切りしたじゃがいもをフライパンで焼いた 「じゃがいものガレット」 とマッシュルームの軸と生ハム、にんにく、オリーブオイル、粉チーズを混ぜ合わせたものをマッシュルームに詰め込んでオーブンで焼いた 「スタッフドマッシュルーム」 もひとつの皿にもりつけて

指切って痛いから、洗い物を少なくしたくてワンプレート。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

自業自得の体調管理

一昨日の夜、牡蠣三昧でベロベロに酔って、よし子の家に泊めてもらった。


1

が、暑さのあまり夜中に目が覚めた。

眠れない・・・息が苦しい・・・

冷房はついていたが、よし子は寒いくらいに効いているというが、地ベタに寝てた自分のところには一切冷気がやってこない・・・

たまらずベランダに出たら、そっちのうが涼しかった。

泊めてもらって言うのも何だか、よし子の部屋に泊まって熟睡できたことが一度もない。


2

で、翌朝は寝不足・・・二日酔いも重なって最悪のコンディションだった。

起きられず、ゴロゴロ寝転がっている横で、よし子が2ヶ月前に頼んでおいたスカートの制作をようやくスタート。


3

日暮里の繊維街でみつけたこのニット生地。

スカートにしてもらうんだ♪



8

やがて腹が空いてきたので、スカート制作はいったんストップして、近所のカレー屋さんへ。

店内は近くの学生でいっぱいだった。

スパイスの香りに刺激され、二日酔いも回復しそう。


4

そんなこんなでお疲れだった昨夜(←自業自得)は、ヘルシーな料理で軽く呑んだ。


5

久しぶりに揚げ出し豆腐。

茗荷の素揚げを添えて。


6

そしてネギトロ。

ネギトロには卵黄を添える。


7

そして海苔に巻いて食べるのが好き。

呑んだら早々に就寝。


9

“体調管理”のおかげで今朝は復活!

朝ごはんもしっかり食べて、仕事いってくるぜ


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

牡蠣三昧

おはようございます
二日酔いです…

昨夜は友人達と呑みまして

生牡蠣とか

焼き牡蠣とか

牡蠣のグラタンとか

牡蠣のクリームパスタとか…
牡蠣三昧
美味しくて、楽しくて、また呑みすぎました。
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

やっぱり串焼きが好き

昨日は台風が直撃・・・

本当なら仕事だったはずだが、たまたま数日前に人員の問題でシフトが変更になり、休みだった。

いつも台風や大雪の日は偶然休みになっている。

こーゆー運だけはある。

1

さて、そんな昨日はつくねを作った。

鶏ひき肉に酒、味噌、塩、みじん切りの玉ねぎ、そして今回は刻んだもやしを加えてみた。

よく混ぜ合わせたら小さく整形してフライパンで両面を焼いて取り出す。

中まで完全に火が通らなくてOK


2

軽く焼いたつくねを串に刺して・・・・


3

テーブルの上で網焼きしながらいただく。

私が作るつくねはタネがゆるくて具だくさんで整形しにくいので一度フライパンで焼く。

そのままタレをかけて完成★・・・でもいいんだけどね

やっぱりつくねは串に刺して焼きたい。


4

焼けるまできゅうりスティックをポリポリつまみながら待つ。


6

タレをつけながら焼いた香ばしいつくねは卵黄につけて

たっぷりの玉ねぎの他に、もやしのシャキシャキした食感がまたイイ。

5

刻んだ青じそを混ぜ込んだヤツもつくった。

これはスダチをしぼって塩で。

このブログで何度も言っているが、串焼きって好きだ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

1年で一番ワガママをきいてもらえる日

1

昨日は誕生日。

パパが何か買ってあげると言ってくれた


3

「砥石」

即座に答えるワタシ。

今年の母の日にパパと息子からプレゼントしてもらった包丁を研ぎたい。

これまで簡易的な包丁研ぎはあったが、刃が欠けたりしてしまっていまは全然使ってない。

故に、包丁も全然研いでないので、切れ味が悪くなっていた。


あとはケーキ・・・でもワタシあんまり甘いもの食べないから、カットされたケーキを1人1個買えばいいかな


2

「パパはケーキ3個食べたい♥」

「オレも3個食べたい♥」

甘いもの大好きな男どもは予定数を大幅に超えた数をリクエストしてくる。

ワタシの誕生日なんだけど・・・まぁいいいか。


6

帰宅して、さっそく包丁研ぎを開始!


4

実は、砥石で研ぐのは初めて・・・

説明書を読みながら慎重に行う。


7

切れ味復活した包丁で作った昨夜の料理。



9

イチジクの生ハム巻き


8

お買い得だった刺身用のサーモンを贅沢にムニエルに。


5

食事のあとは息子に肩をもんでもらい、パパには食器洗いをやってもらった。

歳をとっていくのはあまり嬉しくないが、1年に1度だけ、家族から大事にしてもらえる日。

そーゆー意味では、誕生日も悪くない。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

白菜談議

1

昨日ブログで白菜について書きましたが・・・

白菜についた黒い点々・・・古くなったのが原因だと思っていました。

だから早く食べないと!・・・と思って、急いで料理したワケですが・・・



2

「白菜の黒い点々は古くなったから出るわけではありませんよ。」

・・・というコメントをいただき、ビックリ。

さっそくネットで調べて調べてみると・・・


3

病原菌でもカビや虫でもなく、ストレスを受けたことによる“生理的現象”によるものなんだそうな。

例えば畑内が狭くかったりとか、気温(低すぎたり高すぎたり)、収穫時期のズレ、などなど・・・

ちなみに黒い点々の正体はポリフェノールなんだと。


4

白菜もストレス受けると“カラダ”に反応が出るなんて、人間みたいね。

なので、食べても全く問題なし。

あぁ・・私、気持ち悪くて今までカットしてたりしてたわ・・・

無知って罪 ね・・・どなたか存じませんが、教えてくださってありがとうございます!



じゃぁ、ストレス吹っ飛ばすために、今夜も呑もう!


9

昨夜はタコスを作ったぜぃ♪

「タコスキット」が売ってて、添付のシーズニングでひき肉炒めて、あとは野菜を切れば手軽にタコスがつくれちゃう♥


6

でもそれだけじゃアレなので、もう一品。

じゃがいもを千切りにして水にさらし、沸騰した湯に10秒ほど入れたらスグに引き上げる。

同じく千切りしたセロリに軽く塩をふり、水気を絞って、じゃがいも、カニカマ、フレンチドレッシング、マヨネーズ、醤油少々、コショウで和えて完成。


7

「じゃがいもとセロリの千切りサラダ」

半ナマのじゃがいものシャキシャキした食感が面白い。


8

ビールはやっぱりコロナビールでしょ♥

でもちょっとお高いので、2杯目からはいつもの発泡酒に切り替える・・・


10

具材をいっぱい詰め込んで、辛いタコスソースをかけて、バリバリボロボロこぼしながら下品にいただきました。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

勢いで買ってしまった野菜への責任

3

なんとなく勢いで買ってしまった白菜・・・

1週間も放置してして黒い点々も出てきちゃってるし。

ちゃんと責任はとるよ。


4

① ニンニクとベーコンを炒めて

② しめじ、白菜を加えて炒める

③ 水をひたひたに入れて

④ めんつゆ、塩コショウを投入

⑤ 沸騰したらマカロニ入れて

⑥ 仕上げに生クリームを加えて粉チーズをかけて完成



5

「白菜とベーコンのクリーム煮」

パスタも入って食べごたえもある。


1

鶏のもも肉は「ハーブから揚げ」

カットした鶏肉をセロリ、酒、クレイジーソルト、乾燥バジル、レモン汁で1時間以上漬け込んで、さらにクレイジーソルト、乾燥バジルを混ぜ込んだ天ぷら粉にまぶして油で揚げる。

2

きっとパパは普通のから揚げの方が好きなんだろうけど、息子がこのから揚げをリクエストしてくる。

反抗期に入っている息子だが、好きなものは素直に伝えてくるのがまだ救い。


6

そんでもって、前日の「さつま揚げ風」をつくるときに卵白だけをつかったが、ソイツの片割れの卵黄は醤油につけておいた。

万能ねぎをちらしてチビチビつまむ。

ご飯にはもちろん最高だが、つまみにもいい。


7

勢いで買ってしまった・・・とは、野菜に失礼だが、人間だもの。そんなこともある。

白菜への責任を果たして安堵した一方、それをきっかけにあれもこれも気になり出す。

お盆休みで乱れた冷蔵庫内・・・そろそろ一掃するか。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

もはや、さつま揚げではない

5日ぶりのシゴト。

休んでたるんだカラダを取り戻すにはちょうどいい忙しさだった。


4

帰り道、いつもの魚屋に寄ってみた。

ぐるっと一周みてまわり、魚のすり身に手を出した。

今夜はこれでさつま揚げでもつくろうか。


5

でも実は、さつま揚げやかまぼこなどの練り物はおでん以外はあんまり好んで食べない。

が、揚げたてのさつま揚げは別!

何でもそうだけど、揚げ物は揚げたて作りたてが一番ウマいよね。

でもババァは胃がもたれるので、アレンジして軽めの「さつま揚げ風」にする。


1

魚のすり身に、山芋のすりおろし、木綿豆腐、卵白、塩を加えてよく混ぜる。

具は何でもいいけど、今回は人参、アスパラ、椎茸、銀杏を入れた。

通常のさつま揚げとは違って、手に取るとポタッと落ちる程度の柔らかさ。

大丈夫??と不安になるかもしれないけど、これでいいのだ。


2

イラストのように大きめのスプーンですくって、もうひとつのスプーンで整形し、そのままゆっくりと熱した油の中へ落とす。

いい色に揚がったら完成。


6

生姜のすりおろしやスダチを添えて、アツアツをいただこう♪


7

醤油をチョロっと垂らしていただく。

ポン酢でもいいかも。


8

周りはカリッと、中はトロッとした「カリトロさつま揚げ風」

もはや「さつま揚げ」ではないが、軽くて、ババァでも胃がもたれにくく、いくつでも食べれる。

実際、この後いくつもおかわりして、結局パパの分も食べちゃった。


3

ヤケドしそうな舌をかばいながら、熱いモノを熱い熱いと言いながら食べるのがイイ。

熱い料理を、冷たいビールで流し込むのもまた良し。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

何度も繰り返して美味しくなるレシピ

雑誌などでみかけて「美味しそう!」と思った料理や、お店で食べて美味しかった料理は再現したくなる。

でも、思っていたのと違っていたり、美味しいんだけど何か足りなかったり、工程がめんどくさかったり・・・

そうやって何度も作りながら徐々に「自分好みのレシピ」にたどり着く。

この料理もそのひとつ↓


1

「シラスと青唐辛子のオムレツ」

雑誌でみつけたレシピで、材料も特別なものではないし、雑誌をみたその日につくった。

でも、ワタシの場合、レシピがあってもほとんどその通りの分量でつくらない。

計量がめんどくさいってコトもあるけど、そのときの食材によってピッタリ合うものなんてないから、そのときのカンで作ってしまう。

この料理で一番悩まされるのは青唐辛子。。。辛味やかたさ、好みで入れる量や切り方も変わってくる。

薄く小口切りにして一度水にさらし、水分をよく取ってから卵の中へ。

味付けはシラスとシンプルに塩だけ。


2

・・・さて、今回のデキはどうかな・・・?


3

中はいい感じの火の入り具合♥

味は・・・おぉっ!これぞ理想!

青唐辛子の辛味も効いて、卵と自然に“融合”してる

いままで作ってきた中で一番いい出来♥

でも、感覚で作ってるので、次回も同じようにできる保証はない。

まだまだ修行が足りませぬ。


4

そんな、オムレツメインの昨夜の晩酌↑

奥にあるのはホタテの炙り


5

刺身用のホタテを半分に切り込み入れて(よくお寿司屋さんでみかける形)

塩をあててしばらくおいたら水分をよく拭き取って、バーナーで炙る。

試しに100円均一で買ったお皿の上で恐る恐る炙ってみたら、皿も割れずになんとかできた。

が、皿はものすごく熱くなるので、あまりオススメできないかも・・・(直火OKの皿とかなら大丈夫だけど)


6

今回は塩を混ぜ合わせたワサビをのせて

ガスバーナーは慣れれば怖くないので、ぜひお試しを♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ほどほどがちょうどいい。

お盆休み、たまに家族みんなが一緒にいるのは悪くない。


1

でも、それも長く続くとちょっとイラつく。

朝、昼、晩と家族全員の食事をつくらないといけないし、とくに息子は食べても食べても一日中お腹が空いたとつぶやいている。


2

昼ごはんにつくったハムとスクランブルエッグは「朝食みたいだ」と文句を言われたので、夜はガッツリとんかつ。

筋切りして、下ごしらえはきちんと。

そして生パン粉をつけて衣が立つようカラッと揚げる。


4

とんかつにはソースはもちろん、ワサビと大根おろしで醤油や塩でサッパリいただくのも悪くない。


5

男どもはとんかつさえあれば満足だが、呑兵衛にはいろいろおつまみが欲しいもの。

油揚げにチーズとマヨをのせて焼いたものや


6

ピーマンをしらすと明太子で和えてゴマ油をチョロっと

こんなもんでも酒のアテには十分


7

今回はお盆休みを5日もいただいて、たっぷりココロも潤った。

でも、やっぱシゴト終わりの酒にかなうものはない。

シゴトばっかりしててもダメだし、休んでばっかりでもダメ

何でもほどほどがいいと思う。

明日からまたしっかり働いて、旨い酒を呑みたい。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

一年の折り返し地点

1

お盆休みももーすぐ終わる・・・

前にも書いたけど、お盆が過ぎると同時に自分の中で夏の終わりを感じ、少しザワザワしてくるんですよね。

いわば1年の折り返し地点で、この時期になると新年に立てた目標を今一度思い出し、残り9月~12月の生き方を考える。

そして静かにやってくる秋の気配を感じながら、“活動”をはじめるのであります。


その手始めがコレ↓

いまさらですが、Instagramはじめました。

アカウントは取ってたんですが、ほとんど投稿なし。

でも、今回の旅先でブログと並行して投稿スタートしました。

ブログでは触れないことなども日々UPしていこーかと思ってますので、よかったらフォローしていただけると喜びます↓

(タハさん、早速フォローありがとうございます♥)

インスタはじめました

その他、しばらく停滞していた事柄も、ようやくヤル気が出てきたので再開です。

先月の横浜旅で、もっと自由に、もっと大らかに生きていいんだと気づくことができて、魚の小骨みたいにずっと引っかかっていたモノがなくなりました。

新しいコトもスタートしますが、これからもこのブログは続いていきます。

どうぞよろしくお願いします♥


さて、昨夜の晩酌

2

まずは本日のメイン。

バチマグロの赤身を買ってきて、沸騰した湯にサッとくぐらせて、氷水にすぐ入れて霜降りする。


3

マグロの水気をよく拭き取って、醤油3に対してみりんと酒が1の割合で合わせたタレで漬ける(2時間くらい)


4

ハイ、 「ヅケまぐろ」 の完成✩


5

2品目

刻んだネギに昆布醤油、一味、かつお節をを混ぜ合わせたタレをかけた冷奴。


6

3品目

マヨネーズ、めんつゆ、牛乳を混ぜ合わせたソースと茹でたカリフラワーを和えてとびっこをのせたサラダ


7

4品目

すりおろした生姜、醤油、酒、卵で漬け込んだタコに片栗粉をまぶして揚げたから揚げ。


8

新潟の親戚からもらった日本酒「霧の塔」と共に。

器はもちろん、先日の旅行でみつけた益子焼き♥

同じようなモノでも、よく見ると形や模様などが全部違って、手作りのあったかみを感じる。

まさに世界にひとつだけ。

お気に入りの器で呑む酒はまた格別。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

やっぱり家呑みがいちばん

ただいまです。

昨日は19:00くらいに帰宅。


1

クタクタだったけど、夕食は家でつくることに。

その原動力は、“家でゆっくり足を伸ばして呑みたい”

ただそれだけ。



2

わざわざご飯を炊いて、「ガーリック焼き飯」をつくる。

「炒飯」と焼き飯」の区別ってよくわかんないけど、なんとなく作ってて、これは「焼き飯」の部類に入る気がする。



3

そんでもって冷蔵庫にあったアスパラをベーコンで巻いて串に刺して。

にんにくはちっちゃなフライパンでオイル焼き。

この「焼き鳥はじめました」は、上と下で同時に別のモノが焼けるスグレモノ。


4

そして帰り道に近所のスーパーで買ってきた和牛の切り落とし。

偶然にも栃木牛。

千葉に戻って、再び栃木の余韻を味わう。

これは石の上にのせてガスバーナーで炙っていただく。


5

切り落とし肉は普通に焼くとポロポロになっちゃうものもあるけど、上から炙ると肉の形も損傷少なく、しっとり香ばしくいただける。

貧乏人の知恵。


旅ではいっぱい美味しいもの食べたけど、やっぱり家呑みがいちばん落ち着く。

にんにくをオイルで焼いただけ

肉を炙っただけ

それだけなのにどうしてこんなにウマいんだろうか。

やはり、「身の丈に合ったものが自分の口に一番合う」ということなのか。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

晩酌の器を探しに


旅の最終地点はココ、益子。

お盆セールで掘り出しモノをさがす。
もちろん、晩酌の器。
大皿、小皿、ぐい呑み…お宝Get

その後は敷地内にあるカフェで休憩タイム。
男2人はケーキセット
器は全て益子焼。

ワタシはハイネケン。
周りは優雅にティータイムタイムや食事を楽しんでる中、ビール呑みながらピスタチオかじっているのはワタシだけ。
それでも気にしない。
旅も人生も、自分の思いに正直に生きるべし。
★★★
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

栃木でウマい蕎麦に出逢う

那須周辺には蕎麦屋が多い。
肉→魚と続いたら、この辺で蕎麦もいいな。

「十割蕎麦」の大きな看板を掲げた蕎麦屋「胡桃亭」に入ってみた。
天ざる蕎麦を注文。

茄子、海老、しし唐、まいたけ、鶏ササミ、南瓜の天婦羅。
揚げたてサクサク♡

香の良いザクザクした感じのお蕎麦
お代わりしたいくらい美味しい♡

最後は真っ白な蕎麦湯
とろみがあって濃厚♡
久しぶりにウマい蕎麦を食べれてお腹もココロも満たされ嬉し。
♡♡♡

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

栃木県民のソウルフード


「もみじ大吊り橋」に来た

実は高所恐怖症。
横揺れがスゴイ…
手すりから手を離せない

橋を渡った先で栃木県民のソウルフード・「レモン牛乳」味のソフトクリームを発見
うん。
レモンの味がする。
でもレモン牛乳にレモンは入ってないんだって。

そして再び元来た橋を渡る。
だから、なんで橋の下が見えるような造りにするのよ💢
怖し。
凹凹凹

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

3尾目の鮎

おはようございます

宿の朝食。
切り干し大根
こだわり卵
サラダ&ウィンナー…などなど。

そして鮎の一夜干し。

じっくり焼けば骨ごと丸ごといただける。
今回の旅で3尾目の鮎。
さすが鮎の里。
でも鮎はもう満足。
他のモノ、食いたし。
♡♡♡
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

田舎料理と花火

宿に到着。

那珂川が目の前。

鮎の塩焼き。
断末魔が聞こえそうなお姿。

「オリーブ鮎」の刺身。
オリーブを食べた鮎ですって。
臭みも全くなく、弾力ある身。
おろし生姜でいただく。
皮は唐揚げに。

お刺身の後は希望により、骨せんべいにもしてくれる。
ポリポリサクサク美味しい

地元食材を使った田舎料理。

5種の利き酒と共に。

食後は中庭に出て…

年甲斐もなく花火にはしゃぐ。
いと楽し。
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

栃木でアジアン


「アジアンオールドバザール」なう。


なぜ栃木でアジアンなのか…
深いことは考えずに素直に楽しむ


「とちおとめベリーソーダ」で休憩
甘し。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

まずは腹ごしらえ



渋滞を抜け、栃木県大田原市に到着。
まずはウニのグラタン


そして、大田原牛ステーキを食らう。
やわらかウマし♡
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

あー夏休み

おはようございます。


1


これから旅にでかけます

旅先でも随時更新する予定♥

では♪


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

自分の肉を削ぐ

1

昨日、仕事で牛ハラミ肉をカットしていたら、自分の指の肉まで削いでしまった


2

血が出るわ出るわ・・・

厨房に悲鳴が轟く

でも、出血の割には傷は浅かった。

この仕事にケガはつきもの。

昔に比べたら全然手を切らなくなった方だけど、久々にやらかしてしまった。



3

でも、手をケガしても料理はしなくては。

指をかばいながら作業する。なんとも不自由だ。

前日の残りの餃子の皮でピザでもつくろう。

アボカドも半分残ってる。

これをカットして餃子の皮の上にのせて・・・


4

生クリーム、めんつゆ、マヨネーズ、塩コショウを混ぜ合わせてソースをつくり、みじん切りの玉ねぎとツナ缶、ピザ用チーズを合わせる。

それをアボカドの上にかけて、さらにチーズ、ブラックオリーブをトッピングしてオーブンへ。

200℃で15分くらい。チーズがいい色になったら完成。

5

「餃子の皮deアボカドピザ」

ナイフで切ると、トロッとしたソースとチーズの中からグリーンのアボカドがのぞく

皮はパリッと、中はホクホク♥


6

2品目はいつものタコとオリーブのマリネ。

オリーブオイルで炒めたガーリックに塩コショウして、オイルごと具材と和えるだけ。

ビール呑んで、いつしかケガの痛みも忘れる。

酒はストレスだけでなく、傷の痛みも和らげてくれるのか。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

料理に和のエッセンスを

昨日はお昼頃に友人たちが帰った


10

その後、爆睡。

前日は夜更かししたからね。


11

夕方になってようやく目が覚める。

さて、夕飯の準備でもするか。


1

用意したのは白菜の浅漬け


2

これをみじん切りして水気をよーく絞って・・・


3

豚ひき肉、すりおろした生姜、酒、醤油、味噌、ニラ、そして先ほどみじん切りした白菜の浅漬け・・・

そう、昨夜は餃子

前にTVで餃子に白菜の漬物を加えると美味しいと言ってたので。

そして現在放送中の「侠飯~おとこめし~」では味噌を加えるとコクとまろみがでるとか言ってたので。

今回は“いいとこ取り”で試してみた。

4

ちなみにウチの餃子はニンニクは入れない。

今回は餡をたっぷり包んで、ぷっくら太っちょの餃子。


5

残ったニラでスープも。

鶏ガラ、昆布出汁、塩、酒、醤油チョロっとで味を調えたスープにニラ、そして水溶き片栗粉を混ぜた卵液を回しかける。

小分けにされた春雨をそのまま器に入れて、その上からスープをかければ「ニラ玉春雨スープ」の完成

9

卵に水溶き片栗粉を混ぜると、スープが濁らず、プルッときれいなかき玉ができる♥


6

さぁ、いたただきます♪


7

餃子には”すだち果汁に黒胡椒”を加えたタレと、“醤油にすだち果汁”を加えたタレの2種類を用意。


8

白菜の漬物感はなく、むしろ自然ないい塩梅。

隠し味の味噌もいい仕事してるかな。


中華風スープに昆布出汁を少し、グラタンに醤油を少し、パスタに昆布茶、マヨネーズにめんつゆ・・・などなど、ジャンルに関わらず、ウチの料理には「和」の調味料を加えることが多い。

なんか落ち着くんだよね。やっぱり日本人なんだわ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

たまには優雅に朝食を

おはようございます。


1

今朝は友人たちと一緒に朝ごはん


10

昨夜、近所の祭りに前職の仲間たちと出かけて



9

鮎の塩焼きやら焼きそばやら、タコ焼きやら、あんず飴やら買って、童心に返って食べ歩き


6

お目当ては打ち上げ花火


7

地元のお祭りだからそんなに大きくないけど、ゆったり間近に花火が観れて優越感に浸れる

で、そのままウチに泊まって夜を明かし・・・


3

ツナマヨチーズのホットサンドを焼いて


2

ベーコンとパルメザンのサラダ


5

ふわとろのスクランブルエッグ


4

フルーツ盛り合わせ


11

バイキングスタイルで、それぞれ好きなものを好きなだけ

いつもいつも酒ばっかり呑んでるけど、こうやって優雅に朝食をとるのも悪くない。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

独り酒で二日酔い

おはようございます

二日酔いです・・・


7

・・・と言っても、誰かとどこかで呑んでたワケではなく、いつものように仕事から帰って自宅で晩酌

呑み過ぎてしまった・・・


4

先日GETして冷凍保存しておいた鮭のハラミ

ハラミは、普通に塩焼きで食べるのが一番好きだ。

今回は皮と身を分けてそれぞれで焼く。

特に皮はペロッと剥がした裏側のゼラチン質な部分も焼いてカリカリにするのだ


5

ハラミは脂がジュワッとしっとり

皮はおせんべいみたいにパリパリ

ついでに残ってた椎茸も焼いて、「焼き物3点盛」


1

男どもにはお買い得の国産牛の切り落とし肉をつかって・・・


2

厚揚げ、舞茸、長ネギと一緒にすき焼きのタレでサッと煮た。

生卵につけて食べるんだよね。


3

ワタシも少しいただく。

一味と万能ネギをちらして


6

そしてアボカドとカッテージチーズの梅わさび和えもつくって、息子たちの帰りも待たずに独り酒。

酒の肴が充実していると、ついつい呑んでしまう。


こーやって仕事終わってから毎晩独りで呑んでることを話したら、19歳の学生アルバイトの女の子に引かれた。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

パパ、寿司をおごる

2

ここ最近、ウニが食べたいという欲求がとまらない。

なんとなくつぶやいていたら


3

「食べればいーじゃん」

とパパ。


4

簡単に言うんじゃないよ。

夏はいろいろ出費もかさむし、贅沢は慎まないと

「いいよ。お金はオレが出すよ」

5

え!?

パパが自分のお小遣いから出してくれるという

ほんと!?

でもどーした?誕生日でもなんでもないし、おい、一体どーした?


6

でも理由なんてどうだっていいさ。

ご馳走してくれるときは素直に受けるのが礼儀ってもんさ。



1

で、向かった先は回転寿司「銚子丸」

上等だよ。


7

さっそくいただきます!・・・・と手をのばした瞬間

「あ。」


8

「二千円しか入ってないや♥」

パパのまさかの一言に凍りつく。

私も財布に金入ってないよ・・・

家族そろって金も持たずに寿司屋にきてしまった。

というか、ご馳走すると言っておきながら、なんで金もってきてないんだよ、パパ。


9

それでも平気でウニ食ってるパパに、威圧的な視線を送る。

5皿で2千円超えるぜ。

おい。


10

するとおもむろに席を立ち・・・


11

数分後・・・



12

ひょこひょこ戻ってきた。



13

よかった・・・金、おろしてきてくれた。

やっとウニがノドを通った。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村