FC2ブログ

2016年10月 の記事一覧

おっしゃる通り

1

こー見えて、ワタシは意外ときれい好き♥

パパのパンツや雑巾だってアイロンがけしちゃう

2

・・・とそこにパパがツツツーッとやってきて・・・




3

「パンツや雑巾なんかアイロンがけしなくていーから、オレのシャツアイロンかけてよ」



4

・・・ごもっともです・・・


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



大掃除宣言

1

おはようございます・・・

今日はお休み。

朝から洗濯、掃除に追われております。

気がついたら9:00過ぎ・・・朝メシ食べるタイミング逃しました。


2

昨夜は鱈の唐揚げをメインに


3

アボカドや豆腐で小つまみこしらえて晩酌。

呑んだら夜のうちに洗濯物とか済ませようと思っていたのだけれど・・・


5

呑んだらそのままウトウト・・・

日付が変わる直前に目が覚めたが、もう動けなかった・・・


4

で、せっかくの休みなのに、朝からバタバタ家事に追われている次第です。

10月も明日で最後。

そろそろ大掃除はじめます。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ようやく消えた“夏の名残”

寒い!

寒いんだけど、なんかウレシイ(*≧∀≦*)

やっと“夏の名残”が消えた!と実感できる寒さがやってきた。


1

仕事から帰って、さっそく夕飯の準備。

出汁でなめこやエノキを煮て、醤油、みりん、砂糖で味付けし最後に片栗粉でとろみをつける。

温めた豆腐にきのこあんをかけて・・・

3

「きのこのあんかけ豆腐」

刻んだ柚子皮を散らし、三つ葉ものせて。

柚子の香りは秋を通り越し、冬の到来を思わせる。


2

あとは・・・冷蔵庫をチェックして出てきた食材・・・

長芋、冷凍しておいたシラス、油揚げ

これで信玄袋をつくった。


4

長芋のサクサク感がいいアクセント。

チョロっとお醤油をたらしていただく。


5

ずっと気になっていた「じゃこ天」

魚屋さんで買ってきた。

網で炙って、薬味を添えてお醤油でいただく。

「じゃこ天」と「黒はんぺん」って“別人”だったのね。

お魚の風味がしっかり、美味しい。

6

酒はもちろん日本酒。

熱燗サイコー♥

大好きな季節がやってきた。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ゴハン作りの日々、再び。

1

楽しかった横浜の旅はあっという間に終わり・・・


5

林間学校で4日間留守にしていた息子とも再会。

帰宅後スグに自分のも合わせて大量の洗濯物に追われ・・・

2

男どもにはカレーをつくり、ワタシはあり合わせのモノで晩酌しながら“旅の思い出”を整理した。

ネットだけじゃ辿り着けない、現地ならではの貴重な情報は「宝」だ。

この情報をもとに、早くも次なる旅の夢をみる・・・

3

翌朝はスキレットにご飯、前日の残ったカレー、チーズ、生卵をのせてオーブンで焼いた「焼きカレー」

再び、ご飯作りの日々がはじまった。

さすがに旅の疲れがとれず、仕事中は睡魔との闘い・・・


1

が、夜になると覚醒する。

昨夜は「海老のふわふわ揚げ」をつくった

① はんぺん、たたいた海老、すりおろした山芋、塩を加えてよく練り合わせる

② 卵白はミキサーでよーく泡立てる

2

③ ①に②をさっくり混ぜ合わせ、片栗粉をまぶした手で食べやすい大きさに整形し、油で揚げる


3

「海老のふわふわ揚げ」

レモンと塩でいただく。

4

ネギの豚巻き、アスパラ豚巻き、銀杏の3種類の串焼きも用意。


5

これは赤レンガ倉庫でみつけたパンプキンビール↑

ハロウィン近いし、ネタで買ってみた。

フルーティーな香りで意外にウマい。

6

だけどやっぱりワンカップ♥

熱燗にしてチビチビやりながら、今度こそ旅の疲れを癒した。


今回の横浜旅の詳細は、後日「小旅st」にてご紹介します。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


現実にもどる

4

旅から帰ってきました

電車で爆睡・・・

詳しくはまた、のちほど

とりあえず仕事いってきます

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

横浜ふたたび



ただいま、横浜に遊びに来ております

詳細は、また後ほど♡

さて、これからドコいこう♪


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

鯵のつみれ鍋と骨せんべい

ずいぶんと冷えてきた。

寒くなってくると鍋物が食べたくなる

湯豆腐、おでん・・・いろいろあるけど、昨夜は「つみれ鍋」で晩酌。


1

つみれと言えばイワシを思い浮かべるけど、昨日はお買い得の鯵をみつけたので「鯵のつみれ」をつくってみた。

お買い得とはいえ、お刺身でもいただける新鮮な鯵!


2

身をたたいてネギ・生姜・酒・塩・味噌を加えて粘りがでるまでよーく混ぜ合わせる。

今回は片栗粉や卵白などの“つなぎ”は入れなかった。


3

昆布と酒、少々の塩でとったアツアツの出汁の中へ丸めたつみれを投入。


4

沸騰させず、鯵の旨味を抽出するようにじっくりじっくり・・・



5

最後に塩・醤油、かつお出汁などで味をととのえて完成。

千切りにした大根や人参、三つ葉などをサッとくぐらせて、一緒にいただく。

6

つなぎを入れない鯵のつみれ。

ふわふわで美味しい。

7

さばいた後の骨も捨てないよ。

水気をよく取り、塩を軽く振って小麦粉をうすくまぶし、低温の油でじっくりゆっくり揚げていく。

8

パリポリ香ばしい「鯵の骨せんべい」の完成。

コレが食べたくて鯵を丸ごと買ってきたと言っても過言ではない。


9

あぁ~・・・いい眺めだ・・・♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

「酒処 うすかる」騒動

昨日は掃除したり、洗濯したり、衣替えしたり、一日家事に追われていた。

大きなモノはコインランドリーに持って行ったり、あれこれ買い物もあって出かけたりもして。

パパに運転で車で移動していたとき、

「あ!」

目に留まったモノ・・・!!!!!


2

「酒処 うすかる」

こんな近くに「うすかる」っていう名前の居酒屋さんがあったなんて!!

うれしくて、さっそくインスタに投稿。

それにしても同じ千葉市内で、しかも「酒処」で、「うすかる」なんて・・・♥知らなかった

どんなお店だろうと、さっそく検索してみた

・・・が、どこにもそんな情報がない。

食べログで「千葉市」「居酒屋」で広範囲で調べてみてもヒットしない・・・

・・・・あれ・・・・?


やがて、衝撃的な事実にきがついた・・・






1


「う」すかる じゃなくて

「ら」すかる



3

その後、急いでインスタで訂正・・・

そんな夜でした。


いっそ自分で居酒屋やろうかな

「酒処うすかる」


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

肉豆腐の残骸をリメイク

おはようございます。

4

昨夜は鮭のハラス焼きと鮭の皮をパリパリに焼いたモノ

そして肉豆腐で晩酌。

8

鮭はね、皮をベロンと剥がして、別々に焼くんだよ。

身は焼きすぎずしっとりと。

逆に皮は両面じっくり焼いておせんべいみたいにパリパリに仕上げる。

1つで2度美味しい♥

5

寒くなると食べたくなる肉豆腐。

今回はシメジ・舞茸・エノキを入れてきのこたっぷり

毎度のことだが、酒を呑んだらほぼほぼ動かない。


1

・・・なので、お休みの今日も、朝5:30に起きて早々と活動する。

カーペットやクッションカバーなども洗って干した。

2

10月もそろそろ終わるというのに、まだ暑い日もあったり、急激に寒くなったりして、衣替えがなかなか進まない。

今日は掃除がてら、洋服の整理でもするか。

・・・と、その前に、ちょっと遅めの朝食。

6

昨夜の肉豆腐の残りをリメイク。

豆腐は平らげ、キノコと牛肉の残骸・・・これらをピザ生地の上にのせ、チーズをトッピングし、200℃のオーブンで20分焼く・・・


7

焼き上がりにマヨネーズ、パセリ、小口切りのネギ、糸唐辛子をトッピングして完成✩

「牛肉とキノコのソースレスピザ~肉豆腐リメイクバーション~」

バイト先で似たようなメニューがあって、肉豆腐の残りモノでつくってみた。

ソースレスで焼くだけカンタン♪ つまみにもイイ(・∀・)♥


3

さて、お腹いっぱいになったし、ブログも書いたし、これから衣替えでもするとするか。

主婦に休みなし。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

鯛の楽しみ方

2

仕事帰り、いつもの魚屋に寄って鯛を柵ごと購入。

鯛って大好き♥いろんな楽しみ方ができる。

昨夜は3種のお造り。

↑上写真は薄切りした鯛に梅肉、芽ネギを巻いてとろろ昆布をまとわせた。


3

他、いつもの炙りと、塩山葵でいただくお造り。

蓮根餅の揚げ出しや三つ葉の卵とじも用意した。

秋の夜長の晩酌。

4

で、せっかくの鯛をそのまま全部食べず、1/3ほどは残しておいて、白すりごま、醤油1:みりん1:酒1を合わせた胡麻だれによーく漬け込んでおく

6

一晩たって、今朝は贅沢に鯛茶漬け♥

ラディッシュの即席漬けや薬味を添えて。

5

アツアツのほうじ茶ぶっかけていただきます♪

柚子皮や三つ葉、海苔など好きなものをトッピングして

最高にウマかったとです。

では、お仕事いってきます


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

健康を気にしながら酒を呑むべからず

魚卵が大好きだ。

特にイクラは大好物。

まさに今が旬♥

でも・・・やっぱりお高いので、買ってもチビチビいただくことが多い。


5

だから、筋子!

昨日は紅鮭の卵“紅子”を買ってきた。

イクラより断然お得。

息子にはホカホカごはんにのっけて。

4

で、ワタシはポテトサラダにのっけて酒のつまみに♥

最初から筋子をのせることを想定し、みじん切り玉ねぎたっぷり&塩分控えめにつくった。

崩しながら、筋子とともにチビチビ日本酒。

ポテトサラダに筋子(イクラ)って、意外に合う♥

1

こちらも旬の蓮根。

すりおろして、片栗粉・青唐辛子・シラスを混ぜ合わせてフライパンで両面こんがり焼いた蓮根餅

2

蓮根チップなんかもあしらっちゃって♥

3

他に、豚バラのねぎ塩焼きやアジの干物も用意した。

昨夜は特に塩分摂取量が多め

酒はススムが、ババァは健康面が気になる

が、健康を気にしながら呑む酒はよろしくない。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村





ラーメン難民

8

最近、いろんな意味でラーメンにうなされている。


9

昨年放送された「ラーメン大好き小泉さん」のドラマと、今年正月に放送された「ラーメン大好き小泉さん新春スペシャル」の録画を何度も観返す日々・・・

10

夜中、目が覚めるとラーメンのインスタグラムをついひらいてしまう・・・

11

あぁ・・・ラーメンが食べたい・・・

美味しいラーメンが、食べたい・・・

今の時代、“歩けばラーメン屋にぶつかる”というほど、ラーメン店が溢れているのに、ワタシはなかなか行けずにいる。

ラーメンは、自分にとってハードルが高い、“気高き食べ物”なのだ。

1

休みだった昨日、冷凍してあった手羽先を掘り返して、ネギのアタマ、生姜、酒、塩を加えてコトコト弱火でじっくりスープをとった。

透き通たスープをとるには絶対に沸騰させてはいけないと、元ラーメン屋だった人から教えてもらった。

2

スープを取った出がらしの鶏手羽は、ちょっと強く掴むとホロホロと骨から外れてしまうほどの柔らかさ。


3

手羽は軽く塩コショウして、カレー粉を混ぜた天ぷら粉をまぶして唐揚げに。

もちろんそのままでも食べれるので、表面がカリッとなったら引き上げてOK

4

脂が抜けた、比較的あっさりした唐揚げ。

骨から肉がズルっと外れる。

ならば、あらかじめ骨を全部はずしてから揚げればよかった。

5

さて、肝心のスープは冷蔵庫で一晩置いといたら、プルプルのゼリー状になっていた。


6

今朝は煮切った酒とみりんに、水出ししておいた昆布出汁、鰹出汁、塩、薄口醤油で塩ダレをつくり、鶏のスープを加えてラーメンをつくってみた。

7

またもや朝からラーメン。

「鶏塩ラーメン」の完成

半熟玉子も自分でつくった。

よりによって塩ラーメンなんて、生意気だが、そこそこウマかった。

でも・・・しょせんド素人のラーメン。

やはり、ウマいラーメンが食べたいという欲求は満たされない。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

料理で料理をつなぐ

2

まーたタラの切り身を買ってきた。

鍋もいいけど、急に気温が上がってそんな気分じゃない。

で、今回はアクアパッツアをつくった。

昨日に引き続きイタリアン。

3

オリーブオイルでタラをソテーし、みじん切りのニンニク、香りがでたらトマトやブラックオリーブ、アサリを7加え、塩コショウ・日本酒(白ワインがなかったから)を回しかけて火を通したら完成

器に盛り付けて、スープは別にとっておく


4

で、取っておいたアクアパッツアのスープは今朝のごはんに活用。

玉ねぎはみじん切りにして、半カップの米、アスパラ、トマトなんかあれば用意。


5

①みじん切りにした玉ねぎをバターで炒める。焦がさないように弱火でじっくり。

②生米を投入。米は洗わなくてOK

③アクアパッツアのスープを加える。スープの量によって水を足す

④味をみて、ブイヨンや塩コショウを加え、混ぜながら米にスープを吸わせ炊いていく

⑤米が少し柔らかくなってきたら牛乳を加え、さらに炊いていく

⑥そろそろ炊けるかなーって頃にアスパラを加える

⑦さらに粉チーズ

⑧最後に刻んだトマトを加えてザッとひと混ぜしたら出来上がり



6

その時のスープの量や味(濃度)にもよるので、すべて感覚で作ってます。

だから正確なレシピはなし・・・ごめんなさいm(_ _)m

7

でも、テキトーにつくったとは思えないほど美味しくできましたぞ♥

魚介の旨味が詰まったスープのおかげかな

アクアパッツアつくったら、ぜひともお試しを♪


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

それからもうひとつのブログ「小旅st」も再び更新開始しました

よかったら見てくださいまし↓

1

家呑みにルールなし

1

定期的に行っている冷蔵庫整理。

昨夜も冷蔵庫に中途半端に残ってる食材と、新しく買い足した食材で夕飯作り。

とりあえずぜーんぶカットして・・・

2

まずは無難に野菜炒め。

男どものメインはコレ。

3

お買い得だったり、余ったりしたタコは足を1本ずづ小分けにして冷凍保存している。

ついに1本だけになったタコ足と、これまた冷凍保存しておいた鍋のお供・タラを組み合わせてトマト煮をつくった。

みじん切りした玉ねぎ・人参・セロリ・ニンニクを炒め、タコ・タラ・オリーブをぶっこんで日本酒(白ワインがなかったので)を回しかける

ホールトマトとタイム(バジルでもいいし、最後に大葉をぶっこんでもいい)を加えて煮込み、塩コショウで味を整えて完成。



4

タラとじゃがいもでもいいし、鶏肉と煮込んだっていい。

トマト煮は食材整理に便利な料理。

5

カブの葉っぱだって捨てないよ。

今は野菜、特に葉野菜が異常に高くて手が出せない。

ほうれん草とかの代わりにカブの葉を使ってクリームパスタをつくろう!

つくり方も雑把。鍋ひとつでつくっちゃう。

オリーブオイルでニンニクを炒め、続いてカブの葉をサッと炒め、お湯をジャーっと加えて沸騰したらめんつゆ・塩コショウを加え、乾麺のままパスタをぶっこむ。

パスタが柔らかくなってきたら味をみて生クリームを加えて、塩コショウなどで味を整えて完成。



7

少しだけ残ってる消費期限間近のとびっこをのせて完成。

「カブの葉ととびっこのクリームパスタ」

サラッとしていて、カブの葉のほのかな苦味がアクセント。

めんつゆと生クリームは相性良し。

6

オイルサーディンの缶ごと焼きもまたつくって、野菜炒めがあったり、イタリアンがあったり、ジャンルはバラバラ

合わせる酒も、日本酒やら赤ワインやら、呑みたいものをチョイス。

家呑みなんて自由でいいんだ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

手の上で転がされているのは・・・

夫婦喧嘩って、昔に比べてほとんどしなくなった。

めんどくさくなったのか、あきらめたのか。

とにかく平和な日々を送ることができるのは実に幸せなことだ。


10

昨夜は家族団らん。

また1パックの刺身を基準に、冷蔵庫の整理を兼ねた夕食。

1

パパと息子は食べ終わったらそれぞの時間を楽しむ

ワタシは一人、ダラダラと呑み続けていた。

あー、肩こりヒドイから肩もんでもらいたいなー

パパにお願いする

2

「いいよ。じゃーこっちに座って」

えー・・・ワタシまだ呑んでるんだよねー

ココでこのまま肩もんでよー


3

「じゃあやらない」とパパ。

はぁ?


4

ゆうべ、呑んでる最中に足もんでくれって言ってきたけど、ワタシちゃんともんであげたよね?

なに?なんなの?

パパ、シカトしてゲームをやり始める。

5

もぉーっ!肩もんでくれないんだったらゴハンつくらないからーっ!

6

「ゴハンをつくってくれなかった外食になるよね。栄養不足になるよね。お金もかかるよね。旦那のシゴトにも影響がでてきて、結果的に家族が不幸になるよね・・・」

冷静に、理屈を並べてきた

7

うるさーい!離婚だ離婚だーっ!

久々の夫婦喧嘩。

きっかけが幼稚すぎる。

8

ワタシが吠えてもガン無視するパパ。

そこへ息子がスタスタやってきて・・・

9

「はいはい、肩もんであげるから静かにして」


・・・もしかしてワタシは、コイツらの手の上で転がされているのか?

そう、気がついた夜だった。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


はい、ウソをつきました

子持カレイの煮付けは子供の頃から大好物だった。

カレイの身よりも、タマゴに目がなくて。

1

カレイのタマゴのことを「マコ」と呼んでいた。

ホカホカごはんと味噌汁、そこにカレイの煮付けがあれば大満足だった。

2

今では断然、酒の肴

子持カレイの煮付けと日本酒があれば、もう何もいらない。


4

・・・で、昨夜はタマゴたっぷりのカレイをみつけたので、さっそく調理♪

ワタシは魚の煮付けはフライパンでつくる。

サイズ的なこととか、調理のしやすさとか、そんな理由。


3

でも男どもは肉が食べたいと騒ぐ。

うるさいので、希望通り肉にしてやる。

5

お買い得のやっすい牛肉でステーキだよ。

ちゃんと筋切りして、おろした玉ねぎに漬け込んで、セロリの葉っぱをのせて下処理完了

あとは塩コショウして焼くだけだ。

6

やわらかい♥ ウマい♥ と満足気な2人。

ソースは市販のステーキソース。

7

男どもが静かになったところで、ゆっくりと煮付けで呑むワタシ。

・・・

でも、日本酒と煮付けだけじゃ腹は満たされず、結局〆にラーメンつくって食べた。

カレイの煮付けと日本酒があれば何もいらないなんて、ウソつきました。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ベロベロに酔いたい夜

ベロベロに酔いたい

そんな日がときどきある。

別にイヤなことがあったワケではない。

次の日休みだし。


2

前日つくったがんもどきの残りを甘辛く似て大根おろしを加える

4

「がんもどきのおろし煮」

子供の頃よく食べた味。


5

買ってきたアジのお寿司。


6

茹でたジャガイモを崩してバターと醤油で和え、ネギといくらをのせたヤツ。

その後ろにあるのは買ってきたオリーブ


3

熱燗じゃなく、冷酒の気分だった。

酒がスーっと入っていって、あっという間にカラになり、2本目突入。

仕事の疲れも合わさってか、ものすごい睡魔に襲われ・・・


1


その場で意識を失った。


深夜に目が覚め、片付けて再び就寝。

7

爽やかな朝を迎え、分厚いホットサンドをつくってかぶりつく。

今朝も二日酔いを回避できた。

お休みでもやることはイッパイ

今のワタシには、二日酔いで死んでるヒマはない(でもときどき誘惑に負ける・・・)



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

想像でがんもどきを作ってみた

厚揚げをつくって思い出した・・・

がんもどき

このブログ上でも度々言っているが、お豆腐屋さんの美味しいがんもどきを食べたいという欲求はまだ満たされていない。


1

ならば、作ってみよう。

昨日言ってた原田豆腐店のお豆腐ってコレね↑

木綿でも柔らかで厚揚げにしてもウマかった。

お値段も税込で70円くらいだったかな。(よく覚えていない)

2

重しをのせてよーく水切りした豆腐に、キクラゲ・人参・銀杏・塩・卵を加えてよく混ぜ合わせる


3

手で丸めて油で揚げて完成。


4

想像でつくってみたがんもどき。

これが正しいつくり方かどうかはわからないが、とりあえず見た目はOK。

味も、がんもどきと言って良いのではないかな。

例え間違っていても、揚げたてはウマいよ。

5

寒かった昨日は「ねぎま鍋」もつくって、熱燗でゆるりと晩酌。


6

ウチの近所のスーパーにもついに野菜高騰の波が押し寄せた。

レタスや水菜が400円前後・・・もー買えない。

でもネギだけはすこぶる絶好調♪ お買い得♥

マグロより断然ネギ多めの鍋だが、庶民はこれでも贅沢の極み

ありがたくいただいた。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

揚げたての厚揚げで呑む

厚揚げが好きだ。

それも、アツアツ で カリッふわっ の揚げたての厚揚げ。

1

でも、そんなのなかなか売ってないから、時間があるときは自分でつくる。

軽く水切りした豆腐を油で揚げるだけ。

今回は「酒々井・原田豆腐店」の木綿豆腐でつくってみた。


2

たっぷりのネギやおろし生姜、かつお節をのせて。


3

せっかくの揚げたて。

もちろん一番にかぶりつく

まわりはカリッと、中はトゥルン♪

豆腐の種類や、木綿か絹ごしかによっても出来上がりが違うので、いろんな豆腐で試しているが、今回はなかなか理想的な厚揚げになった。


4

そして脇を固める“小つまみ”達。。。

細切りした長芋に、ほぐしたタラコ・出汁・醤油でのばしたソースをかけた「長芋そうめん」


5

食べきりサイズにカットして冷凍してあるアジの干物は網焼きしてレモンを添えて。


6

侠飯風・モヤシのナムル

カンタン、美味しい。


7

前日、友人の引越し祝いで遅くまで呑んで、翌日も早起きして活動してたので、キョーレツな睡魔に襲われていたが、それでも呑まないと気がすまない。

呑んだらそのままその場で倒れた。

夜中に目が覚め、再び寝ようとしたが、今度はなかなか眠れなくて今朝はまた寝不足。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

夢を持ち続けるということ

昨日は友人・よし子が引越しをした。

1

部屋の荷物を業者さんに運んでもらったあと、近くの店でみんなで引越し祝い。


3

この1年間、悩み、迷い、ようやく進むべき道が見えてきたよし子。

一般的には、年齢を重ねて行くごとに夢をもつことは困難になる。

でもよし子はあきらめず、夢を持ち続けていた。


2

ワタシ自身、一時は夢をあきらめて安定した生活を送ろうと、福利厚生のある会社に入社した。

が、その会社でよし子に出逢い、あきらめていた夢をもう一度追いかける勇気をもらった。

今年に入ってその会社を退職し、それぞれの道へと進み始め、今に至る。

4

方向性は違うけれど、“何かを創っていく”ということは同じ。

お互い刺激し合いながら、前に進んでいきたい。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

日本酒のある風景

この辺でいよいよ残暑は終わりか。

昨日も涼しくて、いろんなことがはかどった。


1

夜になるとさらに冷える。

煮物なんかが食べたくなるよね

豚バラと大根を、すき焼きのタレを使ってフライパンで炒め煮。

2

中まで味の染みた大根がウマい。


3

少し残っていたイクラの醤油漬けは大根おろしと和えて。


4

そして寒くなると食べたくなる鍋。

タラの切り身に片栗粉をまぶして油で揚げて、出汁たっぷりの湯豆腐の中へ。

ここでも大根おろしをのせる。


5

ほぐしたタラコ、万能ねぎ、ゆずポン酢を入れた皿に出汁ごと豆腐やタラを盛る

出汁と合わせることでポン酢がまろやか

揚げたタラでコクも出る。


6

そして湯豆腐にはお燗。ワタシは熱燗が好み。

ワンカップをそのまま湯でじっくり温める。

寒い季節は日本酒がよく似合う。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


そうだ、グラパンをつくろう

さぶっ・・・!


9

いつものようにタンクトップで寝たら、今朝は寒さで目が覚めた。

ここにきて急速に秋が迫ってきた

こんな朝はあったかいモノ・・・そうだ、グラパンをつくろう!

6

① みじん切りした玉ねぎをバターで炒め、冷凍のシーフードミックス(海老・イカ)を加えて白ワインで蒸すように炒める

② 小分けになっているハインツのホワイトソースを①に加えて混ぜ合わせながら温める


7

③ カットしたフランスパンに②とピザ用チーズをのせ、200℃のオーブンで15分焼いて完成★


8

熱々のグラタンと、こんがりトロトロのチーズがたまらん(´∀`)


さぁ、今日は3連休の最終日。

やりたいことイッパイでワクワクがとまらない


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

抑えられない衝動

1

コンビニで見つけてしまった。


2

立ち読みなんてしない。

タイトルだけでイチコロ♥


3

即効でレジに持っていきましたわよ。

もちろん、本に刺激されて酒の肴もハリキッテつくりました


4

こんだけしか残ってない蓮根・・・こんだけばっかし使ってしまえばいいのに、残してしまう・・・


5

細かく刻んで水にさらし、すりおろした山芋と合わせ、焼き海苔にのせてフライパンで焼く


6

「山芋と蓮根の磯辺焼き」

蓮根のシャキシャキした食感がいいアクセントになっている

醤油につけてもよし、塩でサッパリいただくのもよし。


7

そろそろ店に並ぶことがおおくなってきた牡蠣。

汚れをとってキッチンペーパーで水を拭き取り、小麦粉をまぶして天ぷらに。


8

茗荷やピーマン、銀杏も一緒に天ぷらにして盛り合わせる。

レモンを絞って塩をつけて。


9

お次はマグロの赤身。

柵で買ってきて、軽く塩をあてて水分をよく拭き取ったら縦半分にぶった切り、バーナーで炙る

ぶつ切りにしたネギは網の上で焼き目がつくまでやき、一口大にカットしたマグロと一緒に山葵醤油で和える


10

そのままでもいいが、あればイクラの醤油漬けや千切りにした茗荷を添えて。


11

表面は香ばしく、中はレアのマグロ

ネギや薬味などと一緒に口に運ぶとなおウマし。


12

先日のイベントでもらった日本酒を呑みながら自宅で居酒屋気分を味わう

店にいかなくともシアワセだ

でも、居酒屋がワタシを呼んでいる。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

“日本酒仲間”を開拓する

“呑み仲間”はそこそこいても、“日本酒を一緒に楽しむ仲間”は数少ない。

3

あのヒマ咲さんは、そんな貴重な“日本酒仲間”の一人。

でもヒマ咲さんが日本酒に目覚めたのはほんの数年前。

たまたま付き合いで日本酒を口にしたら「あれ!?日本酒って美味しい!」と気づいたらしい。

そんなふうに、日本酒は苦手だと“思い込んでる”だけの、日本酒仲間予備軍が意外にいるのではないかと思う。

9

そんな中、「千葉の酒フェスタ」たるイベントが幕張で開催されるという情報を知り、一緒に参加してくれる新しい“日本酒仲間”を探した。

そうだ・・・! アイツ・・・もしかしたら・・・

いっつも甘いカクテルばっかり呑んでるよし子

でも、以前ワタシに日本酒をプレゼントしてくれたときに試飲しまくったと言っていた。

イケるんじゃないか・・・?


1

誘ったら「いく!」と即答。

ホントに大丈夫か?


4

で、昨日は仕事が終わってから、よし子を連れて幕張アパホテルの会場へ。

事前に購入しておいたチケット(2500円)と引き換えに、グラスと金券替わりのチケットなどを受け取る。


5

会場は多くの人でごった返していた。

その中を縫うように進み、おつまみやら日本酒やらを好きなようにいただく。

酒粕に漬け込んだキュウリの漬物(250円)はまろやかな塩気。


11

基本的に日本酒は無料で試飲できるが、中には有料のモノもあるので受け取った10枚綴りのチケットと交換したりする。


6

多くの人が手にしていた漁師メンチは250円

チケットを使って購入。

サバ、ハーブ、ひじき、チーズ、玉ねぎがゴロゴロ入って、みっちりボリュームのあるメンチ。

「揚げたてだともっとうめぇんだけどなっ」・・・と、オジさんが熱弁していた。


7

中でも行列ができていたのはコレ、焼きサザエ

1つ100円!

酒に合う~♥

2

こんな調子で呑んで食べて、フワッといい気分。

顔を赤らめているよし子だが、結構イケル様子。


8

でも酒ばっかり呑んでたらベロベロになっちゃうから、「和らぎ水」として各蔵元の仕込み水をいただく。

千葉ってこんなにたくさんの酒蔵があるのね

12

さらに、帰りにアンケートに答えると、ランダムに選んだ日本酒を1本いただける♪

2500円で大満足


10

ゴキゲンで幕張の街を後にしたワタシたち。

気になるよし子の体調も問題なし。

コイツ、鍛えれば日本酒仲間に進化する日も近いかもしれない。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

スグに影響される単細胞

TVやインスタなどで美味しそうな料理を目にすると食べたくなる。

ワタシは、影響されやすいタイプ。


1

昨夜は孤独のグルメに登場した「アボカド鶏メンチ」を再び再現。

もともとアボカドは好物だが、この料理をドラマで初めて目にした瞬間から頭から離れず、実際のお店に食べに行ったほどだ。


2

アボカドをまるごと揚げるというインパクト

それをアツアツのうちにスプーンですくってハフハフ言いながら食べるシーン・・・

マネせずにはいられない。


3

イトヨリの刺身は柚子胡椒のドレッシングをつくってカルパッチョに。

日本酒と一緒に。

4

ときどきこうやって孤独のグルメの料理を、想像で再現しては楽しんでいる。


さらに最近ワタシのココロをザワつかせているラーメンインスタグラマーの皆様。

もう、ラーメンが食べたくて、インスタみるたび腹がなっている。


5

で、今朝は先日つくった醤油豚の煮汁を使って、ラーメンスープをつくってみた。

もちろん、煮汁だけでは旨みもコクも全然足りないので、あれこれ悩みながら酒や出汁、創味シャンタンなどを加えてみる。


6

麺は市販のこのラーメン。

ネギやワンタン、市販のメンマやチャーシューも用意して・・・(醤油豚が残っていれば、チャーシューの代わりに醤油豚のスライス)


7

ハイ、朝からラーメン

今みたいに色んなラーメン屋さんがまだなかった時代の醤油ラーメン・・・みたいな。

でも美味しいラーメンを知ってしまった我は、物足りなさを感じる

ラーメンの世界は奥深し。

美味しいものを知ってしまった舌は罪深し。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ネギ三昧

野菜高騰がとまらない・・・

職場でも、発注したレタスが1個500円にまで値上がっていて、悲鳴をあげている。

7


そんな中、ウチの近所のスーパーで、ネギが4~5本で190円で売られていた。

その名も「お得な長ネギ」

太さがバラバラだからか、近所の農家さんで採れたものだからかだろうか。

これは絶対「買い」でしょ。

1

いまや貴重な長ネギ

上から下まで全部使い切る

料理に合わせてカットし・・・

2

刻んだ青ネギは明太子と出汁を合わせて出汁巻き玉子に

3

明太子の塩気があるから、調味料は出汁だけで十分。


4

そして頻繁に登場するネギ塩ソース。

カリカリ豚と和えればメシにも酒にも合う一品に。


5

小口切りにしたネギ、醤油、かつお節を合わせてレンジで30秒。

このタレを温めた豆腐にかけるだけ。

湯豆腐タレにも、そのままご飯にのせてもウマし。

これもたびたび登場する定番メニュー

6

昨夜はネギまみれな酒の肴。

ネギのありがたさを実感した夜。

ちなみにウチの近所のスーパー、レタスは190円くらいで売っていたような。。。決して安いとは言えないけど、500円よりはマシ

でも、なんでこんなに差があるのかな。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ヒゲタ醤油じゃないとダメな料理

醤油豚・・・

以前の職場で教えてもらった料理。

焼豚でも煮豚でもない。 「醤油豚」


1

用意するのは「ヒゲタ醤油」「ブロックの豚肉」のみ。

肉の臭みが苦手な方はネギのアタマと皮ごとスライスした生姜も用意して。

豚肉はバラでもロースでも、モモでもお好きな部位を♥

今回は脂身の少ないモモ肉のブロックを使用。


2

これらを鍋に入れてヒゲタ醤油をひたひたに注いで煮るだけ。

ただそれだけ。

ポイントは最初中火~強火、沸騰したら弱火にしてときどきひっくり返しながら1時間ほど煮る、ってことだけ。

そして一番重要なのは、この醤油豚に限ってはヒゲタ醤油じゃないとダメってこと。

ウソだと思って別の醤油でつくったら、尖った味になってしまったり、しょっぱすぎたり、不思議と味が全然違ってきてしまうのであります。

3

出来上がった豚は取り出し、鍋の醤油は後で別の料理に使うので、ネギや生姜、固まって浮いてきた脂を取り除き、ジップロックなどに入れて保存しておく。

豚肉はタコ糸を取り除いて食べる分だけスライス


4

白髪ネギや千切りみょうが、ワサビと一緒にいただきます。

醤油だけとは思えない仕上がりでございます。

シンプルな分、いろんな料理にも使えて便利。


5

他にはアジの干物


6

味の素の冷凍海老シューマイを解凍して油で揚げて一味をふったモノ。


7

死にかけた茄子は味噌汁に。


8

ほとんど手をかけていない、簡単なつまみ。

これでいいんだよ。


9

・・・で、醤油豚の端っこなどは細かく刻んで炒飯に。チャーシューみたいでおいしい。

下味をつけて冷凍保存しておいた鶏胸肉は唐揚げに。

朝からヘビーな料理・・・


10

だって今日は息子がお弁当の日。

男子はガッツリ、シンプルでわかりやすい弁当を好む。

が、沢蟹みたいなアカウィンナーを“アスパラの川”で泳がせ、ほんの少し愛嬌をもたせてみる


11

で、自動的にワタシの朝食も弁当のオカズをそのまま使う。


醤油豚、お正月にも重宝するので、ぜひ作ってみてくだされ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

そろそろ次のステージへ

まだ暑い日があるものの、やはり吹くのは秋の風。

5

昨夜はたびたび登場する「青唐辛子のオムレツ」

今回はシラスがなかったのでジャコを入れてみた。


4

ときどきワシワシと無性に食べたくなるモヤシ炒め。


6

そして秋鮭はムニエルに。


3

パパにはご要望通り、焼肉のたれでからめた豚肉炒めをドーンと。

これでいいんでしょ?


8

ワンカップでチビチビやりながら、ときどきビールをチェイサー代わりに流し込む。

これからどんどん夜が長くなっていくのね・・・


季節が進むにつれ、自分のココロにも変化が生まれてきている。

と同時に、周囲の環境にも変化が訪れることになった。

7

そろそろ“次のステージ”へと進む時がきたのかなぁ・・・と、感じている。

今年残り3ヶ月でその準備をし、来年から徐々にいろんな「顔」を出していこうと思う。


1

お休みの今日は、10年前からため込んできたハギレの整理。

そろそろまた何かを作り始めようかと思う。

モノクロの画に少しずつ色を足していくように、自分の世界をつくっていきたい。

・・・そう、呑んだくれてるだけじゃないのよ♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

反省するも悔いはナシ

おはようございます

二日酔いです・・・


3


ねむい・・・


1

昨日はバイト仲間とBBQ

総勢37人?だったかな。

なかなかの“大所帯”

間髪入れず次々と注がれる酒。

昼間っからベロベロになった結果・・・



5

廃人となりました


2

でも今日は仕事。

今朝はとろろ昆布なんかトッピングしちゃった焼きうどん。

二日酔いのときはやっぱり麺類だぜ。


4

でも食べたらまた眠くなる・・・


楽しかったから後悔はしないよ

反省はするけど。


では、お仕事にいってきます


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

メンドクサイ男

「肉を増やして欲しい」

パパからの懇願。


2

だから昨夜は手羽先の唐揚げ!

① 醤油2:みりん2:酒1:はちみつ1 の割合でタレをつくる。火にかけて少しトロッとするまでつめて

② 軽く塩コショウした手羽先は天ぷら粉をうすくまぶす



3

③ ②の手羽先を低温の油からじっくり揚げていく

④ 火が通ったらいったん油から引き上げる。



4

⑤ 高温の油に再び投入し、表面をカリッと揚げる

⑥ ①のタレにからませ、白ごまをふって完成



6

2度揚げすることで、冷めてもカリッとしてる♪


5

もちろん野菜も忘れない。

塩もみした大根にほぐした明太子とマヨネーズで和えた大根サラダ


7

大葉のみじん切りをちらして。

パリパリとした食感♥ 箸がとまらない


8

昨夜はドーンと肉料理がメイン

コレはパパも満足!!




・・・かと思いきや、

「手羽先って、骨とかあって、食べるのメンドクサイ」

1

テメェーが一番めんどくせー。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村