FC2ブログ

2017年02月 の記事一覧

未だ残る野生

1

今日も寒い朝

が、ゴミ出しに外にでると・・・


2

春のニオイがする!

花の香りとか、そーゆんじゃなくて、“春の匂い”

具体的にどんな匂いか説明するのが難しいけど、春だけじゃなくて、初夏の匂い、雨の匂い、夏の匂い、秋の匂い、冬の匂い・・・ってそれぞれの季節の匂いがある。

今朝、確かに春の匂いを感じた。ほんとうに春が来た!と思った。


3

茨城のド田舎で暮らしていた子供時代、春になると近所の山に入ってタラの芽を採りにいっていた。

タラの芽をスーパーで買う日が来るなんて、夢にも思わなかった。


4

特に楽しみだったのはワラビ採り。

草花を摘むように、ワラビを採って遊び、摘んだワラビは家に持って帰って母親に味噌汁をつくってもらっていた。

今では勝手に山に入ってこんなことしたら怒られるけど、昔は普通だったのよ。


5

だから今でも、そのへんに生えてるふきのとうとか、ヨモギとか、菜の花をみると「おいしそう♥」と思ってしまう。

子供の頃は全身で春を感じ取っていた。


当時の野性的な感覚がまだ残っているんだろう。

季節の変わり目には敏感で、「嗅覚」で察知する。


7

それ以前に、いち早く視覚で春を感じたくて家の中に花を生け、


6

味覚でもまた春を堪能する。

今朝はグリーンピースのオムレツに昨夜男達につくったクリームシチューをブッかけて。

明日から3月。

もう文句なしに春が来たと言ってもいいでしょう。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥
スポンサーサイト



ベロベロでクラクラ

おはようございます


1


・・・二日酔いです・・・


2

昨夜はホタテ焼きながら日本酒で、ベロベロ

今でも目の前がクラクラ

自業自得。

二日酔いの体にムチ打ち、活動開始します


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

ほぼ完成版!海老のふわふわ揚げレシピ

以前、 「“のら猫”と呼ばれた時代」 の記事でご紹介した「海老のふわふわ揚げ」のレシピが未完成だった件について

11

↑前回のレシピを修正させていただきます

どうしてもハンペンの味が気になって・・・そもそもハンペンは必要ないんじゃないかと思いまして、ハンペンなしのレシピを考えたら、かなり近づきました!

ではレシピはコチラ↓

1

① 下処理した海老を包丁で粘り気が出るまでよーくたたく
※今回使用したのはバナメイ海老10尾くらい

② たたいた海老とすりおろした山芋をボウルの中へ
※山芋は海老に対して半分の量で


2

③ ②をよーく混ぜ合わせる。これ、ポイント!


3

ホントはすり鉢でなめらかになるまで混ぜ合わせた方がいいんだけど、ウチにすり鉢がなかったので今回は手でやりました。

ココで山芋と海老をよく混ぜ合わせておかないと、下に残る感じになってしまいます。

すり鉢、買おう。


4

④ 卵白をツノが立つまで泡立てる


5

⑤ 混ぜ合わせた③へ、メ④のメレンゲ(だいたい1/2個分の卵白)を平らにのばして広げる
※均一に混ぜるため

6

⑥ メレンゲのかたまりが残らないように、サックリ混ぜ合わせる
※メレンゲの白い部分がなくなればOK


20170226-7.jpg

⑦ できあがったタネをスプーンですくい、片栗粉をまぶした手のひらにのせてころがすように粉をまぶしながら整形する

今回は小さなボール状に整形したけど、“本家”は平べったく不格好だったのでそれでもOK


20170226-8.jpg

⑧ 油で揚げる。


20170226-9.jpg

「ほぼ再現!海老のふわふわ揚げ」 の完成✩


20170226-10.jpg

ふわふわな食感を存分に味わうなら、もちろん揚げたて!

ハフハフ言いながら食べなはれ♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

お忙しいナースの方もそうでない方も

ワタシ自身はナースのお仕事にまったく関係していないのですが・・・

このたび、 「ナースときどき女子」というサイト内で当ブログ「われは稲モノ味なモノ」を紹介していただいてます↓

1

“「看護のお仕事」が運営するナースのための情報メディア”、だそうで
“仕事、勉強から恋愛、美容などのプライベートのことまで、ナースにとって役立つ情報を毎日配信” しているそうな。


2
↑その中の「お酒好きの看護師さんへ♡格別の一杯を楽しむときの参考になるブログまとめ」というコンテンツ内で我がブログをご紹介いただいてます。

光栄でございますm(_ _)m*

他にもお酒にまつわるブログが紹介されているので、ナースじゃなくてもチェックしてみてください


3

そんなこんな、最近はいろんなコトがワタワタと動いておりまして。

自分が考えていた事とはまた別に、新たなコトへのチャレンジが始まっております。

ついつい没頭して気が付くともうこんな時間・・・!?ということが多々あり、昨日も慌てて夕飯の支度へ


5

雑誌に載っててマネして以来、我が家の定番になった「青唐辛子とシラスのオムレツ」。

刻んだ青唐辛子とシラスを卵にブッ込んで焼くだけ


6

たっぷりの卵が詰まった子持ちししゃもは小麦粉をまぶしてオリーブオイルで両面ソテーし、仕上げにバターで香り付け

万能ねぎのせて、レモンをキュッとしぼっていただきます♥


7

最後の1個だけ残ってた大きめの蕪は繊維に沿って細切りにして塩をふり、水気をしぼってみじん切りした水菜とマヨネーズ、ノンオイルの青じそドレッシング、とびっこを合わせて完成

「蕪と水菜のとびっこサラダ」

仕上げに大葉の千切りととびっこをトッピング


4

忙しい時の酒の肴はチャチャッとできるものがいい。

・・・いや、忙しくなくてもチャチャッとできるものがいい。

ちなみに男達にはキムチ鍋をつくって残り野菜を大量処分してもらいましたとさ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

“ブルゾンちえみ”に乗っかってみる

7

月に2~3回は焼き鳥が食べたくなる。

昨夜は仕事帰りに買ってきた「日本一」の焼き鳥で手抜きメシ。

たまには夕飯作りをサボりたい日もある


00

夕飯は手抜きしても、オチョダイエットはちゃんと続けてる。

普段は音楽聴きながらやったりしてるが、たまたま録画しておいた「ブルゾンちえみ」のネタ番組を観ながらやってみたら、これが意外に合うことに気がついた。


1

ブルゾンのネタに流れている音楽に合わせて腰を回し、「オチョ」の代わりにブルゾンの決めゼリフを吐き捨てる

「35億」


2
「35億」


3
「じっくりコトコト」


4
「じっくりコトコト」


5

キリンの睡眠時間
「1.9時間 ※諸説あり」


6

キリンの睡眠時間
「1.9時間 ※諸説あり」




8

ノリノリで楽しくできるけど、1人のときにやった方がいい思った。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

呑み過ぎたのはアナタのせいよ

おはようございます・・・


7


二日酔いです・・・



1

一昨日買っておいた生たらこ(デカイな)

生姜と一緒に甘辛く煮て


2

生たらこの煮付け

針生姜をのせてね

昔はご飯のおかず

今は酒の肴


3

もう一品、何作ろうかなと冷蔵庫のぞいて、大きな蕪と海老、しおれた水菜と人参があったので蕪蒸しをつくってみることに

①出汁・薄口醤油・みりん・酒・塩を合わせた煮汁で千切りした人参に火を通し、下処理した海老(2尾)と水菜を加えてサッと火を通して火を止める

②蕪は皮をむいてすりおろし、ザルにあけて軽く水気をとり、片栗粉と泡立てた卵白を混ぜ合わせる



4

③器に人参や水菜、海老(1尾)を入れ、その上に②をかまくらのようにのせて、海老をのせて蒸す


5

③蒸し上がったら銀あんをかけて口山葵、柚子をトッピング

ホントは三つ葉とか銀杏あればいいんだけど、なかったからクレソンのっけてみた


6

刻みネギと鰹節、醤油を混ぜためかぶも添えて、昨夜の晩酌。

春が旬の「生めかぶ」はシャキシャキでウマいのよね♥

8

とゆーワケで、酒の肴が充実してたので呑み過ぎちゃいました。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

隣の晩ごはん

4

Instagramを始めて約半年

たくさんの方にフォロー&料理やお酒、その他諸々交流させていただきありがとうございますm(_ _)m♥

何よりも楽しみなのは「隣の晩ごはん」的な感覚で皆さんの酒の肴や夕食を拝見すること♪

美味しそうな料理はマネさせていただいてます


1

昨夜は、このブログも見てくださっているTahaさんがどこかで見て“うろ覚え”でつくったというじゃがいも料理が美味しそうだったので、レシピを教えていただき、さっそく作ってみました。

じゃがいもに切り込み入れて水にさらし、ラップしてレンジで軽くチンして、切り込みにベーコン挟んでオリーブオイルとマジックソルトをかけて200℃のオーブンで20分焼いて完成!

・・・という、実にわかりやすくカンタンなレシピ♪


2

ワタシはこれにチーズをかけてアレンジしてみました。

間違いなくウマい

Tahaさん、ありがとうございます!


3

さてさて、今夜はみんなどんなモノ食べるのかな・・・♪

ちなみに、ウチは「真ダラの生たらこ」で酒の肴をつくる予定であります♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

ダルマに爪楊枝

1

「ダルマに爪楊枝」


2

・・・昔、友人が私の体型を揶揄した言葉

手足は細いのにずん胴な姿が、まるでダルマに爪楊枝を刺したようだ・・・ってコトらしい。

なるほど、ウマい表現だ



・・・って感心してる場合じゃない。


4

ワタシは酒で太るという意識がない。


5

酒を飲む時は基本的にほとんど炭水化物を取らない。(パスタとかは別だけど)

なぜならスグに腹一杯になって酒が呑めなくなるから。


6

夜に炭水化物を食べないというスタイルが幸いして、毎晩酒をのんでも体重はなんとかキープできているらしい。

ただ、もともと腹筋がぜんぜん無くて、加えて年齢とともに体型が変わってきた。

甘いモノは好まないし、間食もほとんどしないので、食事制限はさほど気にしなくて良いと思っているし、自分から酒と食事を取ってしまったら何も残らなくなってしまう。


7

なので、昨夜も変わらず晩酌。


8

今朝もきっちり食事。


それよりも運動だよ、運動。

このだらしないカラダをシメないと。


3

で、はじめたのが「オチョダイエット」

ちょっと前にTVで紹介されていたヤツ。

腰を八の字に8回まわして1セット。

8回目に「オチョ!」と叫ぶとあるが、これはなくてもいい。

私の尊敬する「ポスト吉田類」さんも、変わらず晩酌しながらツイスト&掃除で3ヶ月続けて13kg(!?)もお痩せになったとコメントくださった。

さすが神。

人生初のウエストのくびれを目指してがんばるで


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥


夢のような時間




おはようございます


昨日から横浜にきております


横浜の「bar bar bar」さんにて水森亜土さんのお絵描きライブ!





亜土さんからバースデーサプライズもあって夢のような時間でございました


詳しくはまた後で❤︎


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

親のココロ子知らず

1

みなさま、お騒がせしました。

息子の小学校の給食で大好きだったという「大豆のシャリシャリ揚」・・・

再現できないとボヤいていたら、ツィッターやDMやらで「このレシピはではないですか?」と教えてくださった方々、気にかけてくださった方々・・・

ありがとうございます!!!


2

昨夜、ようやくソレに近いものを再現できました!

クックパッドに載ってました

乾燥大豆を水で戻すまでは良かったのですが、そのあと沸騰した湯で茹でこぼしてから片栗粉まぶして高温で揚げるんですって。

ちょっと衣剥がれちゃったんで、見た目イマイチですが・・・

これに塩をふれば、息子が言ってた思い出のシャリシャリ揚




3

が、息子から「合格」の言葉は出たものの、反応薄・・・

ちょっと・・・このレシピを再現するために、裏でたくさんのオトナが動いてくれたのよ


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

今夜は鯖にしようと決めていた

「今夜は鯖にしよう」

朝からそう決めていた。

美味しそうな干物を見つけたら買っておいてある


2

切れ目を入れて、皮をパリパリに焼く。

冷めてもパリパリ香ばしい。


3

鯖の塩焼きをメインに脇を固めるのはこの2品。

「ふきのとうとお揚げの炊いたん」

あらかじめふきのとうは塩を加えて沸騰させた湯でサッとボイルして冷水にさらしておき、水気をよく拭き取って、お揚げと一緒に出汁で煮含める。


4

そして家族みんな大好き、 「きゅうりとミックスナッツの和えもの」


1

そして今夜は、ホッケの干物にしようと決めている


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

ろくでなし

覚えていますか?

息子が再現して欲しいと懇願する「大豆のシャリシャリ揚げ」

再現ならず

「え?何その話?」という方はコチラの過去記事もご覧下さい↓
「思い出のメニューを再現せよ!」

4

ネットで検索して、過去2回、再現にチャレンジしてはいるけれど、息子が求めているソレとは違うらしく・・・

これまで節分用のそのまま食べられる煎り大豆や、水煮の大豆でやってみたがダメだった・・・


1

ならばと、今度は加工していない乾燥大豆でチャレンジをしてみることに

3倍の水に浸して一晩おく・・・


2

水を吸って膨らんだ大豆

こいつを油で揚げてみた

さてさて今度はどうかしら・・・





5

カタイ・・・・




3

成功したら昨夜のテーブルに加わるはずだったが、残念ながらリベンジならず・・・


6

息子が言う大豆のシャリシャリ揚げとは一体なんなんだ

そもそも、息子の記憶は正しいのか?

再現できない自分に苛立ち、息子の記憶までも疑うろくでなし。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

使いきり「煎り酒レシピ」

以前、初めて煎り酒をつくってみたのだが・・・

そのときのブログ記事→  「昆布〆フォーッ!」 

お醤油代わりにいろいろ使えて、美味しいし、とても良かったんだけど、添加物入ってないので早めに使い切らなければならないのと、1回に使う日本酒の量が結構あって、貧乏性のワタシにとっては「気軽」にはつくれない、贅沢な調味料といった印象。

でも、美味しいからまた食べたい・・・「買ったほうが安いかも!」・・・と市販品を探しても、売ってる店が近所になくて困っていた

「それならば1回使いきりの量をつくってみよう」


1

①まず、ワンカップ1本分(180ml)とカットした昆布(5cmカットしたものを2枚入れてみたが、1枚でもいいかも)を小鍋に入れ、しばし放置(昆布の旨味を酒にじっくりうつすため)

②潰した梅干(1個分)と塩ひとつまみを①に入れ、火にかける

③沸騰したら火を弱めて鰹節をひとつかみ加え、弱火でゆっくり半分の寮になるまで煮詰めていく


2

ちなみに梅干は、はちみつとか入ってない、昔ながらの塩分高めのヤツがいいらしい。

とりあえず昨日はヨーカドーのしそ漬け梅干を使用。


3

④煮詰まったらキッチンペーパーやガーゼなどでこして、粗熱をとる


4

ワンカップ1本分の酒でつくった煎り酒は、小さなグラスに軽く1杯分の量。

材料費考えるとやっぱりお高いけど、それでも使いたくなる煎り酒。


5

雑誌「dancyu」でどっかの居酒屋の店主が紹介していた「平目の煎り酒浸し」ってゆー酒の肴がウマそうだったので、昨夜は鯛の刺身で再現してみた。

「真鯛の煎り酒浸し」

6

ちょこっとワサビをのせて、大葉と一緒に♪

煎り酒だけでも酒のアテになる。


今回の煎り酒レシピはあくまで自己流の“覚え書き”

細かい軽量がメンドクサイのでザックリした分量です

きっと、もっとちゃんとしたレシピはネット検索すればいくらでもあると思うので、こちらは参考までに♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥


コロコロ新じゃがの揚げ煮

1

最近は料理のバイトをしながら、休みの日はイラスト描いたり、デザインを考えたり、記事を書いたり、あれこれ“創作活動”に勤しむ日々。

昨日は久しぶりにミシンを動かし、バッグ制作に没頭・・・久しぶり過ぎて不安だったけど、始まればスグに感覚が戻ってきた。

春・・・具体的には4月を目標にスタートさせたいことがある。


2

春といえば新じゃが。(無理やりつまみの話に切り替える)

昨夜の酒の肴はまずこのコロコロした新じゃがを丸ごと油で揚げることから。

低温でゆっくり煮るように揚げていき、竹串がスーっと通るほど柔らかくなったら引きあげる。


3

醤油2:みりん2:酒2:砂糖1の割合で合わせた調味料を鍋にかけ、揚げたじゃがいもを入れて強火で照りが出るまで詰めていく

中華鍋みたいな鍋で回しながらやるといいかも。

いろんなレシピがあるけど、私の場合は出汁は入れない。

砂糖の量は好みで増やしてもいい。


4

はい♪ 「新じゃがの揚げ煮」

仕上げに柚子皮のみじん切りを散らしてみた。


5

お次は恒例の冷蔵庫整理。

ゴボウや人参、インゲン豆・・・中途半端に残ってる野菜はさつま揚げと一緒にきんぴらにしてしまう。


6

さつま揚げがいい味出す。


7

賞味期限間近のとろろ昆布は湯豆腐に。

昆布出汁とかつお出汁、塩、醤油数滴でつくった出汁に豆腐を浮かべて温め、出汁と一緒に豆腐を皿に盛り、その上にとろろ昆布と刻んだ生の三つ葉、柚子をトッピング。

8

呑んで一息ついたら、再びミシンへ。

あぁ、春が待ち遠しい


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

息子への食育

1

昨日のお昼はパパとラーメン

なかなか食べに行けないので、ここぞとばかりハリキッテ、3連食という、ヘビーなチャレンジをしてしまった


2

・・・が、息子は試験が迫っているということで家にこもっていた。


3

出かける前に、息子のために昼ご飯用の野菜を切って・・・


4

つくらない。

はい、あとは自分でナポリタンつくりなさい。

米を炊いたり、味噌汁つくったり、焼きそば焼いたりすることはできるけど、そろそろ料理のレパートリーを増やしてもらいたい。

最近、息子に自炊をススメている。


6

で、作ったら写メを送ってもらう。

↑コレは昨日息子がつくったナポリタン。

コンソメを隠し味に入れるのよ。

あと、ケチャップを炒めてから麺を入れて炒めると酸味が飛んで美味しくなるのよ。


そんなちょっとしたポイントも伝えておいた。


7

↑ちなみにこちらは息子がクックパッドで検索して真似してつくった「もやしどん兵衛」

カップ麺に一手間、これでもいいんだ。

「自分で料理したものを食べる」という楽しさを学んでほしい。

そしていつか人に作ってあげる喜びも知ってほしい。


5

私だって、若くしてポックリ逝ってしまうこともあるかもしれない。

そうなっても、料理が作れればなんとかなる。


8

まったく料理をしない男にはなってほしくないんだよ・・・

小さな母の願いです。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

酒鍋で酒を呑む

2

キレイな鱈の白子を見つけたんで、湯通しして水気を拭き、塩コショウ・小麦粉まぶしてフライパンでサッとソテー。


3

万能ねぎのせて、レモン絞っていただきます

まわりはカリッ、中はトロ~リ♥


4

こちらは出汁醤油で炒めた焼きうどん。


5

そして昨夜のメインは「酒鍋」!

煮切った日本酒(ワンカップ大関・上撰)に塩を入れて、豆腐、ハマグリ、クレソンを入れてサッと煮た。

煮切った日本酒の甘味と旨味、ハマグリからでた出汁が加わってしみじみとウマい。


1

日本酒(ワンカップ大関)と塩だけでつくった酒鍋に、これまた大関の熱燗。

好みでちょっと塩をかけてもいいけど、そのままでちょうど良かった。

シンプルで贅沢な鍋♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

生き方が真逆の2人

近所に長いこと付き合っている友人がいる。

子供が同級生で、こーゆー言い方はあまり好きではないが、いわゆる「ママ友」

でも子供カンケーなしに付き合えるので、ワタシは「友達」と呼んでいる。

昨夜はその友人と久しぶりに近所で呑んだ。


1

“カトパン似”の彼女は性格もよく、見本となるようなキチンとした生き方をしている。

方やワタシはご覧のとおりの有りさま。

生き方も考え方も真逆の2人だが、なぜかずっと仲が良い。

「不思議だねー♥」なんて話していると、



2

「私ね、変わった人が好きなの♥」

・・・と彼女。




3

・・・こ、光栄です。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

2月10日「小旅st」更新しました

小旅st更新しました

はい、久々に更新しました。

「笑いの宗教「おいおい教」に入信した日」

サイト全体も新しくカスタマイズしてみました。

よかったらみてください


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

骨までサクサクのウマウマ!小アジの唐揚げ

1

小アジ・・・昔は下処理が面倒でなかなか手を出さなかったけど、慣れてしまうとカンタン。

「ゼイゴ」を取って、手でエラ~内蔵をズルズルと引きずり出す。

今ではむしろ楽しい作業になってきた。

新鮮なアジは、内蔵さえも美しい


2

水分をよく拭き取って軽く塩コショウし、米粉をまぶす

片栗粉でも小麦粉でもいいんだけど、あえて米粉。

アジの色や模様をそのままキレイに見せつつ、油の吸収が少なくカラッと揚がるから♥

頭から骨までサクサクに仕上げたいから、若干低めの温度でゆっくり揚げる。


3

最初はブクブク泡がたくさん出てるけど、だんだん細かい泡になり、音も静かになってくる。


4

はい、小アジの唐揚げの完成✩

レモン絞ってクレソンと一緒に口に運んでもウマいし、醤油とマヨネーズで食べても間違いない。

魚の頭って苦手だけど、これなら丸ごとイケル。

臭みもないし、油っこくもないし、サックサクでいくらでも食べられる♥


5

そーいえば昨日は“肉の日”だったのね。

肉、皆無。。。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

ファーストペンギン

7

はい、昨日はね、九条ねぎを見つけたんで、豚バラで巻いて塩焼きにしましたよ。

今が旬ですからね

甘くて柔らかくてウマし。


5

旬といえばこちらも。

セリですよ、セリ

・・・と言っても、根っこの方。葉っぱや茎は昨日の鶏団子鍋に入れて食べちゃいました。

土をよく洗い落として天ぷらに。


6

鍋に入れてもいいんだけど、男どもが抵抗するので、根っこは別枠で調理。

「え!セリの根っこって食べられるの?」という声も聞きますが、食べられるってワタシも最近知りました。


3

でも、よくよく考えてみると、「これ最初に食べようと思った人スゴイな~」と思う食材って結構あって。


4

例えば海老。

もちろん大好き

10

でも、調理しながらいつも思う。

関節多いし、足がいっぱい付いてるし、虫にみえなくもない・・・

「これは食べ物だ」ってインプットされてるから普通に触って食べてるけど、海の中にいるか陸で生活してるかの違いで、もともとは虫と・・・とか考えてしまったりする。


8

豚汁に欠かせないゴボウ・・・

香りも食感も味も大好きな食材♥


11

でもこれだって、木の根っこに見えるよな・・・。

それ考えたら、セリの根っこなんて可愛いもんだわ。

これを最初に食べようと思った人、スゴイ。きっかけを聞いてみたい。


9

そんな勇敢な“ファーストペンギン”の方々のおかげで美味しいものをいただけているんだなと、なんとなく感謝した昨夜の晩酌タイムでございました。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

「鶏肉苦手」がつくる鶏団子鍋

焼き鳥や手羽や鶏モモの唐揚げ・・・

酒の肴にサイコー♥

ブログでも度々登場してるけど・・・


1

でも、実は鶏肉が苦手

“鶏臭”が強いモノとか、皮のベロンとしたトコロとかがダメでして・・・

でも、臭みがなければ焼き鳥とか大好きだし、パリッと焼けば皮の部分も大好き♥

少々メンドクサイのです。

そんな人間がつくる鶏団子鍋

もっと美味しい作り方はあるでしょうが、昨夜作った鍋が良く出来たので、覚え書き程度に紹介いたします↓


2

①まず、鶏ひき肉に塩、味噌を加えて粘り気が出るまでよーくこねる


3

「侠飯」の餃子のレシピで、「先に肉に塩をしてこねると肉の保水力が高まる」と言っていたので

味噌をいれるとコクとまろみが加わって、さらに肉の臭み消しの効果もあると聞いたので。


4

②みじん切りした玉ねぎと全卵1個分を①に加える

※玉ねぎは多めに


5

③全体にまんべんなく混ぜ合わせる


6

④土鍋にかつお出汁、昆布出汁、塩、酒、みりん、醤油を加えて和風スープをつくる

※味付けは塩ベースで、醤油は香り付け程度に少し


7

⑤濡らした手で鶏団子のタネを丸めて、沸騰したスープの中へブチ込む♥


8

⑥セリや水菜、揚げ餅を加えて、ネギや柚子、七味などの薬味と一緒にいただく


10

鶏団子には長ネギや生姜などは入れず、たっぷりのみじん切り玉ねぎ!

あっさりしてるけど、鶏の旨味と素材の味を存分に味わえる「鶏団子鍋」になりました

臭みもなく、鶏が苦手なアタクシでも箸がススミます♥

山芋なんかを加えてもよりふわふわに仕上がるかもね。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

ビジョンが見えてきた

2

先日のブログで、「家に引きこもってパターンアートを描いている」と言いましが・・・


1

チングルベル後藤さん のお誕生日プレゼントにと描いていたイラストでございました。

後藤さんをはじめ、後藤さんがなべやかんさんと定期的にYouTubedeで動画配信している「ピッコリーノハウス」に関わる“仲間たち”を10描いています。(後藤さんをリアルに描きすぎて少々ホラーチックになってしまったケド・・・)

この絵を描きながら、また一つ挑戦してみたいことが増えました。


3

これまで色んな経験を重ねていく中でやりたいこともどんどん増えてきたのですが、「じゃあ将来的に何を目指しているのか?」と自分自身に問いかけると具体的に答えることができず、悩み苦しんだ2016年・・・


6

でも今年はもう違う。

昨日はよし子とランチをしながら、これからのビジョンを具体的に話している自分がいました。


4

今まで風船のようにフワフワ浮いていたそれぞれの「やりたいコト」が、ようやく“連凧”のように繋がりました。


7

さぁ!これからはこの“連凧”を空高く揚げるために、風をよみながら走っていこう。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

赤坂でパーリーナイト

おはようございます


昨日はお世話になってる石川町の古着屋さん「チングルベル」の後藤さんの誕生日でして。





バースデーお笑いライブのお誘いをいただいたので、例のよし子とチングルベルの仲間たちと一緒におジャマさせていただきました。


あまりにも近距離で行なわれる刺激的な芸に震えが止まりませんでした。





その後、新橋で呑みながら興奮を沈め、終電ギリギリで帰りました。


あらためまして、後藤さん、お誕生日おめでとうございます。


あの写真からは説得力にかけますが、いつもいつも感謝しております。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ

マッシュルーム祭り

1

一昨日だったかな。

仕事帰りに八百屋さんに立ち寄ったら、マッシュルームが1袋に20個以上入って250円くらいで売られていた。(途中で力尽きて数えるのやめた)

最近マッシュルームが高くて買ってなかったけど、これはお買い得!!

大小不揃いだけど、ぜんぜん問題なしよ。


2

で、昨日の夜は“マッシュルーム祭り”を開催。

とりあえずショートパスタと一緒にトマトクリームソースのパスタをつくって。


3

ムキ海老とブロッコリーを入れたマッシュルームのアヒージョ。

惜しげもなくマッシュルームをブチ込む。


4

ツナを入れたオムレツに、ハウスのクリームシチュー(顆粒)の素と牛乳、水、カレー粉、スライスしたマッシュルームで作ったクリームソースをかけた。

5

マッシュルームだらけの食卓。

最初にワイン呑んで、そのあとやっぱりワンカップ大関。

たまにはイタリアンもいい。

でも、やっぱり酒を呑むなら和食の方が落ち着くな。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

夢の「魚卵パニック巻き」

昨日は節分。

いつの間にか関東にも定着した恵方巻きを求めて多くの人が行列をつくっている隣をすり抜けて、まっすぐ向かったのはいつもの魚屋さん。

マグロの切り落としと魚卵を買ってさっさと家路を急いだ。


1

今年も自分で作るで、恵方巻き。

イクラ、とびっこ、味付け数の子の3種の魚卵を巻き巻きした、名づけて「魚卵パニック巻き」!

2

巻き簾の代わりにラップで巻いちゃう。

昔、仕事で巻き寿司をよく作っていたときにこのやり方を強制されて以来、ずっとコレ。


3

はい、大好きな魚卵が詰まった夢の「魚卵パニック巻き」の完成♥

別名、「痛風巻き」とも。

ほおばれば、口の中でプチプチ魚卵がはじける♥♥♥


4

他にアボカドやまぐろや錦糸卵や梅なんかも巻いて、計4種の恵方巻きをつくった。

で、我が家はそのままかぶりつかずに食べやすくカットしていただく。

恵方巻きのルールを完全無視。


5

寿司だけでは腹が膨れて酒が呑めなくなるので、ちゃんとおつまみも用意。

下処理した赤海老に塩をふって魚焼きグリルで焼いた「赤海老の塩焼き」

海老はシンプルな味付けが一番ウマい。


6

少し残ったマグロの切り落としはワサビと少しの醤油に漬けて、オリーブオイル、アボカドや万能ねぎ、魚卵を加えて和えただけのカンタンおつまみ。

「簡易的なヅケまぐろとアボカドの和えもの」


7

「ワンカップは1日1本まで」というルールも破り、昨夜は2本いただいた。

だって、こんなごちそうを前にして1本じゃ悲しもの。

節分だし、いいじゃない♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

“のら猫”と呼ばれた時代

1

むかーしむかし、もちろん結婚する前のお話。

仕事も辞めて、住んでたアパートも引き払って、ほぼほぼホームレス状態の“のら猫”のような時代がありまして。


2

あまり多くは語れないのですが、当時、石神井公園駅近くに住んでいた知人宅に2週間ほど居候させてもらうことに。


3

夜になると呑みに連れてってくれたのですが今でも忘れられないお店が「すゞき」という小料理屋さん。

住宅街に蛍の光のようにポッと浮かぶ店の灯り。

若いご夫婦で営業している小さなお店。


4

そこでその知人がいつも注文していたのが「海老のふわふわ揚げ」という料理。

注文してから作り始めるんだろうな。

オーダーしてから10~15分くらいして揚げたてがやってくる。

ワタシも大好きで、こればっかり食べていた記憶しかない。

5

海老しんじょうとは全く違う。

ほんのり桜色で不揃いで、食べると名前のとおりフワフワで、ふんわりした海老の香りと自然な甘味と旨味と、とにかくウマい!!!


6

あれからかなりの月日が流れたが、これまで同じようなメニューに出会ったことは一度もない。

今でもあの料理が食べたくて度々思い出す。

でも、ネットで検索してもそのお店は出てんこんのです・・・もうなくなっちゃったのかな。。。

ならば、記憶だけを頼りに自分でつくってみよう!と、何度かチャレンジしております。


8

①すりつぶしたはんぺん(ホントはフードプロセッサーで撹拌したほうがいい)、すりおろした山芋、たたいた海老を混ぜ合わせて・・・


9

②泡立てた卵白を①に加えてさっくり混ぜ合わせる。(白い泡の塊が残らないように)


10

③整形して低温の油でゆっくり揚げる・・・


11

・・・て、こんな感じで昨夜もチャレンジしてみたけど、違うんだよな~・・・

はんぺんの塩気が強いし、見た目もNG。もっと白っぽくなくちゃ。

味は悪くないんだけど、あの味にはほど遠い。


12

再現できない悔しさを噛み締めながら酒をかっ喰らう。

同時に、あの“のら猫”と呼ばれた頃を思い出しながら今の幸せを噛み締める。


7

ちなみに、そんなトンガっていた私を居候させてくれた知人は、今は俳優としてVシネマや舞台で活躍されております。

あの時はお世話になりました<(_ _*)>


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

“ふわとろ”がお好き

6

今朝、気がついた。


7

いつの間にか2月になってたってコト。

うかうかしていたら、またあっという間に年末になっちまう。

正月、「今年は思ったことはスグに行動に移そう」とココロに誓ったんだ。


1

さて、2月最初の酒の肴は「山芋入りのがんもどき」

よく水切りした木綿豆腐をなめらかになるまで練って、すりおろした山芋、銀杏、みじん切りした人参、千切りにしたキクラゲ、小口切りの万能ネギ、卵、塩少々を加えてよく混ぜ合わせ、丸めて油で揚げる。

通常のがんものタネよりゆるくなるけど、水で濡らした手で丸めるとキレイにできる。


2

がんもは揚げたてが一番ウマい。

山芋が入ってるからフワッとトロッとした食感。ギッチリずっしりしたがんももイイけど、ウチでは“ふわとろ”が好き♥。

生姜醤油もいいけど、七味とネギを入れたゆずポン酢でいただくのもイイ。


3

お次は鶏もも肉。

“観音開き”にして厚さを均等にして、塩コショウをまぶし、レモン汁とネギのアタマと一緒にビニル袋に入れて30分漬け込み、その後は魚焼きグリルなどで両面こんがり焼いて完成。

4

食べやすく一口大にカットして。

付け合せのネギはぶつ切りにして油を引かないフライパンで焼いて塩コショウしただけ。

レモン汁に漬け込んだから肉はやわらか。


5

早春らしく、菜の花のお浸しも用意した、昨夜の晩酌。

ワンカップ大関はまだ健在。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥

調子に乗りました

昨日は友人とサイゼリアでランチ。

ランチと言えど、酒を提供していれば昼から呑むのが鉄則。


1

デカンタワインが500mlで399円って!!!! 

シーフードグラタン(499円)とガーリックトースト(189円)をつまみに、デカンタ2本呑んでも税込2000円以内でベロベロになれる♥



2

でも・・・昼から呑み過ぎ。もう夜は呑めないよ。

男たちの夕飯は、以前大量に作って冷凍しておいた餃子を焼いて、ちぎったレタス(一応サラダ)、朝作った絹さやの味噌汁出してなんとか乗り切った。


3

で、ワタシは〆のラーメン。

チェイサー代わりにビールを呑んで、反省しましたとさ。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


小旅stもよろしくお願いします♥
「小旅st」ではお店や観光スポットはもちろん、旅先で出逢った興味深い人々にもスポットを当てて、写真を撮れないシーンはイラスト付きでご紹介しています。よかったらこちらもよろしくです♥