FC2ブログ

2018年02月 の記事一覧

椎茸の軸もごちそうよ

1

昨年末から続いている野菜の高騰・・・噂では4月まで続くらしい。

じゃがいも・人参・玉ねぎ同様、安定の価格のきのこ類。

今回は椎茸をメインにしたアノ料理でメシをつくる。

まずは豚ひき肉に、塩コショウ、味噌、酒、醤油、生姜の絞り汁を下味をつける程度に加え、よーく混ぜ合わせる。


2

椎茸の軸をカットし、飾り切りする。

軸は固い石づき部分は取り除き、みじん切り。


3

豚ひき肉にみじん切りした椎茸の軸と長ネギを加えて混ぜ合わせる。


4

椎茸の傘の内側に片栗粉をまぶす。(肉餡が剥がれるのを防ぐため)


5

椎茸に肉餡を盛る。

まずは傘の凹みにきっちり隙間なく肉餡を敷き詰めてから、さらにこんもり盛る。


6

肉の表面に片栗粉をまぶして・・・


7

肉の部分を下にして油で揚げる。


8

「椎茸の肉詰め揚げ」の完成

刻んだ椎茸の軸のシコッとした食感と旨味が肉と相まって美味しい。


9

これには大根おろしと醤油でいただくのが一番好き。

豚肉に叩いた海老を加えるとさらにご馳走感がUP

揚げ物はもたれて多くは食べられない私も、椎茸が苦手な息子も、これはいくらでもイケル。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



身から卵がハミ出た子持ちガレイ

1

昨日は朝から「桜」を焼いて焼いて焼いて・・・

プラバンアクセを作りはじめてもうすぐ1年。

テーマごとに新作をつくってきたが、今回の「桜」はこれまでで一番多くパーツをつくっている。

だって、桜は桜でも「満開の桜」・・・

満開にするためにはその分パーツも多く要する。



2

だが今回はアクセサリーだけでなく、バッグにも桜をたーくさん

最初は桜のモチーフのボタンをたくさんつけようと思ったが、桜モチーフのボタンを探すのも大変だし、あったとしてもコストが恐ろしくかかってしまう・・・ならば、自分で作ってしまえばいいじゃないか!

そんな発想でデザイン&制作が始まったのだが、自分が思い描いている作品に近づけようと思ったら予想以上にたくさんのパーツが必要だっってことが昨日わかった。

作った桜のパーツをガラスビーズと一緒にバッグに刺繍していく・・・気の遠くなる作業。


3

地味な作業で一日費やした・・・そんな日は日本酒でほっこりしたい。

たっぷりの卵を抱えた子持ガレイを煮付けに。

水は入れず、醤油・酒・みりん・砂糖でつくった煮汁でフライパンで煮る。


4

身からハミ出たぶりんっとした卵。

身よりも卵の割合の方が断然多い。

これでなくっちゃ子持ちガレイは買わない。


5

そして酒はワンカップ大関の熱燗。

向こう側にはCOEDOビールも鎮座する。


6

2月も残り1日。

明後日から3月になってしまう。急がねば。

今日もせっせと桜を作り続ける。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

渾身の焼きそば

4

一日遊んじゃうとその分のツケが翌日押し寄せてくる。

昨日は朝からあれやこれやバタバタした中で、息子の制服の注文なんかもやって、あっという間に夕方。

夕飯は焼きそばでいいや・・・と思いつつ、なんとなく罪悪感。

手を抜いた分、焼きそば一品に全力を注ごうと2つの鍋を使って調理開始。


5

以前、ポテト入りのソース焼きそばを食べたことがあって、それが美味しかった。

冷凍のフライドポテトを一度揚げてから焼きそばに投入。

オイスターソース、トリイのウスターソース、おたくふくの焼きそばソースの3種類をブレンドして和えた。


6

そして半熟の目玉焼き、紅しょうが、青のりをのせて。

さぁ、渾身の焼きそば、召し上がれ!


1

・・・が、男たちは変化に気づかず。

今回は麺もいつもと違って、ちょっと平打っぽい細め中華蒸し麺を使ったんだけど。


2

あ、でもポテトが入っていることにはさすがに気づいた。


3

「ポテトあるならフツーに揚げただけのやつが食べたかったー」


コイツらにはこれからフツーの焼きそばをつくろう。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

いつまでも好奇心を忘れない

1

インスタでの交流をきっかけに仲良くなった栃木在住のふしみっちゃんが千葉にやってきた。

千葉の街を案内してほしいと言われたが、房総方面ならともかく千葉駅周辺なんて何もないよー・・・と言いつつ、よし子と3人で千葉を巡ることにした。


3

スィーツ好き、美味しいもの好きなふしみっちゃん。

海が見える場所に行きたいと言っていたので、まずは千葉みなとにある「Ocean Table 」へ

平日は1900円、土日祝日は2400円でビュッフェが楽しめる人気店。

開店の40分前からよし子が並んでくれて、開店と同時に席に着くことができた。

さっそく好みの料理や焼きたてのパンを皿に取って並べる。


4

別料金になるが、ビールも注文できるというのでもちろん。

太陽の光が差し込む開放感のある店内で呑むビールは最高。


5

開店からまってまもなくして、なにやら大きな塊のチーズの上で調理が始まったので再び席を立って見に行く。


6

チーズリゾット!!!

ちゃっんとアルデンテで本格的なお味(*≧∀≦*)


7

「あっちにパスタもあるよ」とふしみっちゃんが持ってきてくれた「アスパラのクリームパスタ」

注文すると出来たてのパスタが食べられるというシステムを、よし子も私もいままで知らずに来店していた。

もちもちの生パスタでこれまたびっくり。


8

チーズリゾットをつくっていた隣で今度は肉やホタテも焼いている!

今まで気付かなかった・・・

欲張ってあれこれ見境なく料理を取るだけだった私たちだったが、最初は軽く前菜程度にスープやサラダ、小料理を取って、そのあと出来たてのリゾットや生パスタ、グリル料理をメインに堪能し、最後はデザート・・・という具合に進めば、ビュッフェだけど立派なフルコースを楽しめるんだ。

何度も通っているのに今更気づいた真実。


9

お腹いっぱいになったところで、いよいよ千葉散策。

千葉みなとから千葉駅方面に歩いていく途中にあるフクロウの看板が目印の小さなパン屋さん「chouette」(シュエット)

パン好きのふしみっちゃんがあれこれ調べて行きたいと言ったお店。

あるのは知っていたが、買ったことなかった。

残念ながら店内の撮影は禁止。

お昼に訪問したが、サンドイッチはほぼ完売。

つまみ用にオリーブのフォッカチャを買ってみた。


10

次に訪れたのはココ↑

アンティークや古着のお店「ANDANTEANDANTE」(アンダンテアンダンテ)

ココも以前から知っていたが、昔にチラッと覗いただけで実はよく知らないお店。

ふしみっちゃんが行きたいと言ったので、入ってみた。


11
小さい店内にはご主人が海外で買い付けてきたアンティークやヴィンテージ雑貨が所狭しと置いてある。


12

興味あるものにはグイグイ喰いつくふしみっちゃん。

最初は寡黙だったご主人も、やがていろいろ説明してくれるように。


13

中でも興味をひいたのはこのアメリカのヴィンテージ・金属のタグ。

昔の兵士さんに関するものなのかなーと思っていたら、牛の個体種別のために使われていた「cowタグ」と呼ばれるものだそう。

好きな数字のものを2つ選んで購入してみた

まるでラッピングのようにおしゃれに美しく包んでくださるところもグッとくる。

ご主人の商品に対する愛を感じるなぁ・・・


14
さらに千葉巡りは続き、千葉駅に隣接しているお店をぐるぐる。

実はふしみっちゃん、よし子にスカートを作ってもらいたいと、イメージイラストを描いて持ってきていた。

ということで、手芸屋さんに行って生地さがし。

みんなであーだこーだ話し合いながら材料を買った。

これがどんな風になるのか、完成が楽しみ(*≧∀≦*)♪

21
さすがに歩き疲れた私たち。

16時から飲める店を探していたら、またまたふしみっちゃんが「ここ行ってみたい!」と・・・が、その界隈はよし子と私だけだったら絶対いかないエリア・・・

でも、こんな機会がなければ一生知らないで終わってしまう。

よし、行ってみよう!


2

・・・が、お目当ての店は閉店。

そのとなりの店に入ってみたのだが・・・

イカ焼き、馬刺し、タコの唐揚げ・・・どれもこれも驚くほどマズかった。

特に、タコ唐を注文したあとに チンッ✩ とレンジの音が・・・ま、まさかレンチン(;゚Д゚)!!?

店内はクサいし、トイレも汚いし・・・かつてこれほどまでにヒドイお店に出会ったことがない

小一時間で逃げるように店を出て、避難場所を探す。


15

そこからスグの場所に「千葉人」というお店を発見。

実はココもあるのは知っていたが入ったことないお店。

いい感じじゃないか。


16

先ほどの店と違って清潔な店内。美味しそうな匂い・・・

呑み直しだ、呑み直し!

ココはお通しにガリか大根おろしが選べ、薬味としても使うシステム。


17
店員さんオススメの「クリームチーズのたまり漬け」

まろやかで旨味がさらに立った酒のアテにピッタリの一品。

よし子が気に入って、こればっかり箸が止まならなかった。


20

「鯵のなめろう」↑

このままでも美味しいが、好みでお酢をつけていただいても。


19

メヒカリの唐揚げはカリッとふわっふわ(*´∀`*)ノ。+゜*。

炙りしめ鯖もウマし。

あの店にもしめ鯖があったが、あそこで注文しなくてよかったーヽ(;▽;)ノ

1軒目は失敗したけど、2軒目は大正解ヾ(*´∀`*)ノ

ふしみっちゃんのおかげで千葉の魅力をあらためて気づけた気がする。

いくつになっても好奇心て大切だ。

ふしみっちゃん、ありがとう(*´∀`*)♪

今度は私たちがオススメできるスポットを探索するから、また千葉に遊びに来てねん♥


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

タルタルだけで呑めるじゃろ

2

牡蠣フライにはビールじゃろ。



1

タルタルソースだけでも呑めるじゃろ。

ウチのタルタルソースは多めのピクルスに粗みじん切りのゆで卵をたっぷり入れた具沢山。

マヨネーズに塩コショウ、そして日本酒を少々入れて比較的サラッとしたソースに。


3

ソース、ケチャップもよろしかろ。

ここ最近、呑むと酔がまわるのが早い。



4

昨日はビーズ刺繍に時間を投じていた。

バッグのチェーン釣りの部分にみっちり隙間なく施したガラスビーズ。

「桜シリーズ」の制作もいよいよ後半戦に突入。

完成したらマッサージに行きたい。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

前へ前へ

1

合格発表から一夜明け、再び日常に戻る。

おそらくギリギリセーフで合格した息子・・・ということはその学校での成績レベルはかなり下の方だということ。

これからも変わらず・・・いや、これまで以上に日々をしっかり生きてゆけよ。

母も変わらず晩酌を楽しみながら、自分の選んだ道を歩いて行くさ。


2

ということで、昨日の晩酌。

先日、カレーに使った缶詰のグリーンピースが余ったので、一昨日は信田玉子に、昨夜はオムレツにした。

子供の頃キライだったグリーンピース・・・どうして嫌いだったか思いだした。

そうだ、この缶詰のブカッとした柔らかな食感が苦手だったんだ。

出回ってきてたサヤ付きのグリーンピースで豆ご飯が食べたいな。

ちゃんと食感残して。豆の香りを感じて。



3

刺身用のホタテとアボカド・カイワレ大根・刻みネギ・明太子を、醤油・オリーブオイル・レモン汁・わさびを混ぜたドレッシングで和えたもの。

酒のアテにぴったり。


4

マルハニチロの冷凍「たけのことしいたけのシューマイ」

レンジでチンしてもいいけど、冷凍食品で手抜きした分、あえてココは蒸篭で蒸す。

ホワッホワで美味しいの♥


5

一昨日は「祝い酒」と称して呑み過ぎて寝落ちしたけど、昨夜は晩酌後に再び作業に戻った。

まだまだ桜を感じない「桜」がテーマのバッグ

そろそろ仕上げに入るところ。


6

実は桜をテーマにもう一つバッグを制作中。

ビーズ刺繍を施してゴージャスに。

息子が“奇跡のサクラ”を咲かせた次は、“私のサクラ”を咲かせる番だ。




にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

奇跡のサクラ

1

昨日、息子が合格発表を見に出かけてから2時間後・・・

ガチャッと玄関のドアが開いた。

も、もう帰ってきた!?


2

ダッシュで玄関へ駆け寄る

どどどどどどどどどど どうだった?


3

・・・え?何その表情?

目が細すぎて感情が読めない。

・・・・・・・・・やっぱり、ダメだった・・・・・・?






4

合格!

合格したよ!!!





5

へ・・・?

合格・・・・・・・・?








6


合・・・格・・・・!? 


7

その瞬間、ブワーーーーッと涙が溢れ、その場で崩れ落ちた。

ほんとに?ほんとに合格!?

 おめでとう!!!

足の震えがしばらく止まらない。


8

さっそく片目だった合格ダルマにもう一つ目を描き足す息子。


10

机の目の前の壁にはポスト・吉田類からいただいた宇佐神社の合格祈願のお守りが。

隊長!ありがとう!

ご利益ありましたよ!!!


17

そんなこんなやってると、今度は岡山在住の“アニキ”からお届け物が(*≧∀≦*)

よーし、今夜はこれで祝い酒だ♪


11

・・・と言っても、特別感のないいつもの料理。

だって・・・合格するなんて思ってなかったんだもの(^_^;)


12

油揚げに生卵とグリーンピースを入れて甘辛く煮た信田玉子

トロ~ンと半熟に。


13

豚肉なしの豚汁風の味噌汁。

汁より具が多め。


14

輸入モノだけど、お安いアスパラは豚バラで巻いて塩焼きに。



15
まずはアニキからいただいた「瓶チューレモンハイ」

このへんでは缶チューハイがほとんで、瓶入りのチューハイは珍しい。

高炭酸でレモンの香りがキューっと爽やか。ウマい(*≧∀≦*)

暑い日に氷とたっぷりの追いレモンを入れて呑んだらたまんないだろうな♥


16
瓶チューの次は岡山のお酒 「加茂五葉」

ほんのり甘くてスッキリした飲み口。

水みたいに飲めちゃう♪

アニキ、いつもいつもお気遣いありがとうございますm(_ _)m


18

祝い酒に浸りながら、一年前の春に書いたブログ「受験戦争、はじまる」を読み返してみた。

あの頃から塾にはいかないと宣言し、結局、夏期講習にも行かず、勝手に志望校も決めて高校生活を夢見ていた息子・・・ゆる~い感じで大丈夫かと心配だったが、息子の決意は一度もブレることなく、現実となった。


9

一足先に咲いた奇跡のサクラ。

私が知らなかっただけで、息子なりに努力してきた結果が報われたのだろう。

あきらめないことの大切さを思い知らされた。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

堂々と帰ってこい

1

ついに迎えた合格発表の朝・・・


2

いつもと変わらぬ様子で朝食を食べる息子。


3

そして食べ終わると・・・


4

「1ミリも合格ラインに達しないまま受験したけど、期待しないで待ってて」


5

「大丈夫、オレは落ち込んだりしないから」

そう言って合格発表を見に出かけて行った。


6

本来、合格確実なレベルの高校を選んで受験するのが普通かも知れない。

でも、自分の行きたいと強く思う高校で勝負した息子。

頑固なところは誰に似たのか。

自分自身で決めたこと、不合格だったとしても堂々と帰ってこい。

どんな結果でも、受け止める準備はできている。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

モノづくりの裏にある“モノ語り”

6

今回の作品のテーマは「桜」

アクセサリーでけでなく、桜にまつわる“ある光景”をバッグでも表現したく、イメージに合う生地を探した。

この生地、穴だらけで伸縮性があって薄地で柔らかい。本来、バッグにするには不向き。

でもこの雰囲気やニュアンスがイメージにピッタリだった。


5

もちろんそのまま使わない。

裏に別の生地を重ねて2枚仕立てにした。

強度UP効果と、レース生地から透けるクールなドット柄で奥深さを演出。


7

何度も言うけど、「桜」がテーマのバッグを制作中。

今のところ桜感ゼロですけど(^_^;) 

私の“モノづくり”の裏には必ず“モノ語り”があるので、制作過程と合わせてブログやインスタでお伝えしていきます。


1

さて、昨夜の晩酌。

アニキから教えてもらった「しそ醤油」をさっそく作ってみた。

千切りにした大葉を醤油に漬けて半日置くだけ♪


2

それをエノキや鱈と一緒に温めた豆腐にかけて「温奴」にしていただいた。

しその爽やかな香りがほんのり。

シソの実でつくったらもっと香り高くできそうね。


3

こちらは鶏胸肉に花椒塩を揉み込んで酒としょうが汁、砂糖少々で漬け込んで片栗粉まぶして揚げた花椒塩唐揚げ

塩味がちょっと足りなかったから花椒塩を後がけ。


4

トマトとチーズをオーブンで焼いただけのやつとか、あと一品欲しい時につくれる簡単な酒の肴も用意して。

気がついたら自分は一日中何かを作ってるなー・・・(;・∀・)


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

お互いさま

1

もともと昔から肩こりに悩まされていたが、最近ますますひどくなった。

仕事柄、仕方ないとはいえ、さすがに尋常じゃない痛さ。

肩や首を回すとゴリッと音がする。

ときどき体操したり、血流良くなるっていうアボカドを毎日食べたり、それなりに気は使っているがとてもそんなんじゃ追いつかないレベル。


2

そして呑んで血流up

・・・肩こりには効果ないけど、精神は潤う。


3

海老を贅沢にミッチミチに入れたアヒージョ♥

いつもはマッシュルームメインで、どことなく紛れ込んでる感じの海老だけど、今回は中途半端に余ってちまちま冷凍していって溜め込んだ海老を一気に解凍して使った。

アツアツを口に放りこむのがたまんない(*≧∀≦*)


4

冷めたらまた温め直して・・・


5

焼いたフランスパンにオイルをヒタヒタ♥

コンビニワインでご満悦。


6

↑インフルエンザで皮肉にもダイエットに成功したこの人

「海老はいらないんだけどなー」

海老のアヒージョって言ってんのに海老いらないって何?


7

食後、まったりしてるパパに肩もみをお願いしてみる



8

・・・信じられないくらいイヤな顔されるんだけど



9

パパがインフルで寝込んだ時、ずっと看病したのは誰でしたっけ?

そんなこと言わなくても大丈夫。

なんだかんだと言ってもそこはお互いさま。


11

今朝はパパが残した海老のアヒージョをパスタにリメイクして私が処理した。

これもお互いさま?


10

気休めかもしれないけど、肩もみしてもらったおかげで少しだけ軽い。

さぁ、今日も作業するか。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

一周まわって戻ってきた

1

只今オリンピック真っ只中。

華やかな舞台の裏で、選手たちが抱える苦悩や挫折あった話を聞くと胸が熱くなる。

全てが順調に進む人なんていないんだよな。

息子の受験のことも重なり、いまあらためて自分のこれまでの人生について振り返る。


2

息子がまだ幼かった頃・・・今から14年ほど前、私は自宅でオリジナルデザインのバッグをつくり、WEBショップも開設して販売していた。

でもだんだんと「ある疑問」が頭の中に巣食っていく。

街を歩けば1000円~2000円くらいでそこそこかわいいバッグがたくさん売られている。

「手間と時間をかけて手作りバッグを作って売る意味ってなんだろう・・・?」


3

もっと個性的なもの?

奇抜なデザイン?

高価な素材をつかって唯一無二のモノをつくること?

いつしか「売れるためにはどうしたらいいのか」ということばかり考えるようになって、モノづくりそのもが楽しくなくなってしまい、3年くらいで辞めた。


4

その後、広告営業&取材の仕事、料理の仕事、アパレルの仕事、ライター、それぞれ違う業界を渡り歩いた。

モノづくりから離れたつもりだったが、どの業界でも経験したのが「つくること」や「企画すること」だった。

何かを考えたり、「つくること」に触れているときは夢中になれた。


5

クタクタになるまで働いて辛いこともたくさん経験したけれど、それによって色々な人と出逢い、考え方や感性がガラリと変わって「新しい自分」が形成された。

7

そしてまたモノづくりの世界へと戻ってきた。

あの頃とは違って、もっと自由にのびのびと作りたいものをつくっている。


8

アクセサリーを作ることになろうとはあの頃の自分は思ってもいなかった。

それも人との出逢いがきっかけ。

身の回りにあるものや想いを形にして表現することの楽しさを実感している。


9

自分にとってモノづくりとは普段の生活の延長線上にある。

こうやって毎日料理をつくることもそう。


10

お好み焼きからピョロっと出たタコ足が、いつしか作品になる日が来るかも知れないし。

料理が好き、お酒が好きで生まれる作品もあるかもしれない。

一度は作品作りに挫折し、全く関係のない業界に身を置いたけど、それが返って肥やしになって厚みが出てきたように感じる。

挫折したからこそ得られたものだと思う。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

チョコよりもイカゲソにトキメク

1

季節の行事には敏感な方なのに、いつからかバレンタインに対しての思いが年々薄らいできている。

昔はガトーショコラとかチョコスポンジのロールケーキとか作ったりしていたのに、今ではお菓子そのものを作る気力がない。

自分自身が甘いものを好まなくなったのも一因にあるのかもしれない。

キラキラしたチョコとかケーキよりも、カラッと揚がったイカゲソの唐揚げにトキメク。


2

揚げ物にはさっぱりしたモノが欲しくなる。

手でひねり割ったキュウリを中華風に漬けてみた。


3

バレンタインにトキメキもザワめきも感じなくなってしまった自分。

でもパパと息子にはチョコを渡した。

義理ではなく、義務として。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村




メンタルコントロール

1

入試から帰ってきた息子。

予想して力を入れて勉強していた箇所とは全然違うところが問題に出たらしく、心なしか肩を落としているように見えた。


2

「まぁ、終わったことを考えたってしょうがないし。明日は面接試験だから、対策とか考えるよ」

そう言って、自室へと入っていった。


3

いつものほほんとマイペースな息子だけれど、やっぱり人並みに落ち込んだりもするのね・・・


4

・・・と思っていたら、米津玄師の「Lemon」を大音量で唄う息子の声が聞こえてきた。

かなりノリノリ。

息子なりにメンタルをコントロールしているのだろう。


5

・・・メシにするか。


6

肩こりにアボカドが良いと聞いて、毎日食べるようにしている。

マッシュしてレモン汁とオリーブオイルを混ぜたアボカドをカリカリに焼いた油揚げにのせて、万能ねぎ、醤油、刻み海苔をのせたカナッペ風。

好みでわさびものせて。


7

4等分にしたピーマンと短冊切りにしたプロセスチーズを豚バラで巻いて塩コショウし、魚焼きグリルで焼いた「ピーマンとチーズの肉巻き」

モデルの中村アンさんがTVで紹介していた目黒の焼き鳥屋さんにあるメニュー。

美味しそうだったので、再現してみた。

確かにこの組み合わせ、ウマい。


8

そして今朝、何事もなかったかのように元気に面接試験へと出かけて行った息子。

桜モチーフの作品を制作しながら、それぞれの桜の開花を待ちわびる母。

今年の桜は感慨深いものになりそうだ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

サクラサケ弁当

1

孤独のグルメツアーから帰ってくるなり、息子がかけよってきて

「明日、入試のリハーサルを家でやるから、朝ごはんは6時によろしくね」


2

「あ、あと本番はお弁当持参だから、リハーサルも同じようにお弁当よろしく」

はいはい。

飯をつくることしか協力できないから、言われたことはちゃんとやるよ。


6

で、昨日は入試リハーサル弁当をつくった。



7

3連休で家族全員休みなので、お弁当のおかずを寄せあつめて、自分とパパの昼ご飯も用意。


4

同じ家にいるのに、一人は自室にこもって弁当食べて、なんだか変な感じ。

入試リハーサルですから、リハーサル。


3

で、本番通りの時間割で「進研ゼミ」の模擬テストやって、14:00過ぎくらいに自室から出てきた息子の表情はなぜか晴れやか。

むしろ楽しそう。


8

そして今日は、いよいよ入試本番。

息子よりも私の方が落ち着かなくて、いつもより早く目が覚めてしまった。

最後の願いを込めて作った「サクラサケ弁当」

サクラ咲け・・・サクラサケ・・・サクラ鮭(*´∀`*)


9

玉子焼もがんばってお花の形にチャレンジしたけれど、歪んでしまった。

不器用な母を許せ、息子よ。


10

フォロワーさんがつくってた「ソーセー人」が可愛くて、自分も初めてつくってみた。

横にはリラックマのかまぼこ。

クマと宇宙人の遭遇。


11

そう、息子が密かに好きなクマちゃんを弁当の中にも忍ばせてみた。


5

受験生になった最初から最後まで緊張感のない息子。

睡眠時間はしっかり7時間とっていて、受験生とは思えない。

でも本人はやるだけのことはやったと言っている。

ここまでアホだと実に清々しい。

どんな結果であろうと、サクラは満開だ。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

孤独のグルメ巡礼ツアー2018冬

1

念願の孤独のグルメ巡礼ツアー!

インスタで集まった同志3人でイザ開催!

最初に降り立ったのは東京メトロ・小竹向原駅。


2

閑静な住宅街にある「まちのパーラー」 さんへ。

孤独のグルメseason3 第9話に登場。

10:00に到着したが、すでに満席。

期待が高まる。


3

店の入口にはガラス越しに手作りのサルシッチャが吊り下げられていた。

あー♥ これこれ、コレが食べたいの。


4

5分ほどで入店でき、さっそく五郎さんが注文したメニューをチェック。

まずは例の「サルシッチャセット」。

太くてズッシリしたサルシッチャ2本とサラダ、日替わりのパン、そしてドリンクがセットになっている。

そして手前の「ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ」

なかなかのボリューム。こちらもサラダに日替わりのパン、ドリンク。


6


こちらは「ロースポークのサンドイッチ」。

パンは五郎さんと同じカンパーニュをチョイス。


5

これら3種のセットを3人でシェアしながらわいわいいただいた。

中でもサルシッチャはなかなかの弾力で、ナイフとフォークで切り分けるのも一苦労。

でも一口入れるとジューシーな肉汁と脂がブワーっと溢れて、噛み締めるほどに旨味が出てくる。

ハーブの香りも強過ぎず、塩気もちょうどいい。

添えられたパンとの相性も◎


7

ちなみに久住さんがチョイスしていたリュスティックというパンはお土産で買って、今朝の朝食にサンドイッチにしていただいた。


8

個人的にはローストポークのサンドにはこのリュスティックの方をチョイスしたほうが好みだったかも。

いろいろ試せるのもまた楽しい。


10

はい、2軒目は鶯谷に降臨。

そうです、そうです、鶯谷といえばアソコですよ。


11

孤独のグルメseason3 第8話で大杉蓮さんがご出演されていた「東京キネマ倶楽部」を通り過ぎ・・・


12

私は2度目の訪問。他のお2人は初来店となる「鳥椿 朝顔通り店」

13

初来店のとき呑んですっかりファンになった「氷レモンハイボール」で乾杯★


24

鳥椿といえば「チンチロリンハイボール」というシステム。


15

サイコロを振って、合計が偶数ならハイボール半額。


14

ゾロ目ならハイボール無料。


16

もちろんチャレンジして、2回偶数、2回ゾロ目。

よって、1杯分の金額で4杯呑めた(*´∀`*)

ちなみに奇数が出るとメガジョッキで倍量&倍額になる。


17

カウンター前には「五郎’Sセレクションの短冊メニューが♪

大丈夫、五郎セレクションはもちろん、久住さんが注文したメニュー、他のキャストが食べていたメニュー全てが頭の中にすべて入っているから。

18

まずはチューリップ揚げにハムカツ


チューリップ揚げは変わらずウマい。


19

見よ!このハムカツの厚みを!


20

↑油淋肝

レバー苦手な私もチャレンジ。

カリッとした衣にふわっとした食感のレバー。

甘酸っぱいタレとたっぷりのネギで私でも食べられた。


21

鶯谷でウグイス色の「アボカド鶏メンチ」

ソースたっぷりかけてアツアツ&ホクホクを口の中へ♥


22

↑でも今回、鳥椿で一番食べたかったのはコレ!

五郎さんの隣の席に座っていた水商売らしきオネエさんが男らしくかぶりついていた「手羽の一本揚げ」

ピーンと伸びた手羽をカリカリに素揚げしてクレイジーソルトがふりかかってる。

これがハマって1人で2本半も食べてしまった。

あー・・・また食べたい。


23

ドラマには登場しなかったけど、鶏皮揚げもスナック感覚でサクサクいただけていいつまみになる。

どれもこれも安いのに、ちゃんと美味しいのはスゴイ。

真昼間からお客さんがとめどなく流れてきて、店の外で立ち飲みしてる人達もいた。


25

さーて、〆の3軒目へ!!!!

・・・と思ったら、まさかの定休日(T▽T)

ちゃんと予習してきたはずなのに、なんたる失態・゜・(ノД`)・゜・

ガックリしながらも気持ちを切り替えてたまたま入ったお店で最後の呑み。

自然派ワインの「+ebi-iro」さん

ほんとに何の下調べもせず流れでみつけたお店だったが、お店の方も感じがよくてお料理もおいしかった。


26

ワインの知識がほとんどない私たちにも親切に説明してくれ、いろいろ飲ませていただいた。

海老のトマトクリームパスタは結構なボリュームなのにお値段お手頃で、海老の旨味が濃厚で本格的なお味。

前菜にいただいたオリーブは大きくて肉厚でこれまた美味しかった。

お目当てのお店が定休日でがっかりしたけど、思わぬいいお店に出逢えたからそれはそれで良しとしよう。

でも次は必ずリベンジするぜ。またいつか!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

予習はたっぷりしてきたよ



おはようございます


これから孤独のグルメ巡礼ツアーに行ってまいります\(//∇//)\🎶






にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

おかずモードな酒の肴

1

きんぴらごぼうって、昔はご飯のおかずだった。

今では酒の肴。

母がつくる太くて黒いきんぴらごぼうも好きだけど、自分が作るのは細切り。そして人参は入れない。


2

子供の頃、お弁当にいつも入っていた味噌玉子

これも酒の肴になるなんて、あの頃の自分は想像もしていなかった。

出汁入の味噌を少量の湯で溶かして、溶き卵とよく混ぜ合わせ、油をひかずにフライパンでかき混ぜながらゆっくり煎る。

目玉焼きの次に覚えた料理。


3

うっかり賞味期限を1日過ぎてしまった木綿豆腐は厚揚げに。

自分たちで食べるなら、一日くらい過ぎたってどうってことないさ。


4

おかずモードな酒の肴でワンカップ。

おかずになるものは酒にも合うってことさ。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

春からスタートします

4

先日販売した「星の瞳」シリーズは、おかげさまで完売しました。

お買い上げ、誠にありがとうございますm(_ _)m♥♥♥


2

さっそく次回作に取り組んでおります。

そう、次の新作のモチーフは「桜」

もう頭の中は春、春、春


1

春に向けて昨年末から準備してたこと・・・

それはWEBショップのホームページ。

まだ準備段階ですが、「枠」はできてきました。

Shopホームページ「ausukaru」↓↓↓
http://a-usukaru.hippy.jp/

※スマホの方は「モバイル対応」にしてご覧下さい。


5


shopオープンに向けて、ブランド名も「A」から「ausukaru」(えいうすかる)に変更し、ロゴも新しく♪

来月オープン予定です

正式な日程が決まりましたら、このブログやインスタグラム上でお知らせしますm(_ _)m


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

春先取り=プライスレス

1

白菜1/2個250円・・・ブロッコリー1個250円・・・

野菜高騰のトンネル・・・いつになったら抜けることやら。

そんなことをボヤきながら、春の山菜をみつけて迷わず手に取ってしまった。

これっぽっちの「こごみ」が250円。

同じ金額なら白菜買ったほうがコスパよし。


2

さっそく天ぷらに。

ミツバと小海老のかき揚げもつくった。

肉を欲する男達にはとり天も。


3

今年初めてのこごみちゃん♥

塩をつけて香りや食感を味わう。


4

一足早い春を求める一方で、秋の名残の銀杏も食べたくなった。

トンカチで軽く割れ目を入れて粗塩と一緒に煎る。

春野菜の苦味を求めるような感覚で銀杏の苦味も恋しくなったのか。


5

もう少し経つとアスパラが旬を迎える。

太くて甘くて瑞々しいアスパラが出回る日が待ち遠しい。


6

確かに葉物野菜は高い。

山菜はもっと高い。

でも、春の先取りはプライスレス。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

根拠のない自信はどこから

1

県立の志望校も、私立の志望校も、合格ラインに届かなかった息子。

でも最初から最後までその意思は変わらなかった。

そして私立も県立も、1校ずつしか受けないと自分で決めていた。


2

そして幸運なことに、希望していた私立に合格した。


3

問題は県立。

当初から第一志望はココ!と決めている高校の合格ラインに1度も達していない。

でも息子はそんなことおかまいなし。

落ちたら後期の試験も同じ高校でリベンジすると言っている。


4

ちょっと・・・合格ラインに一度も達してないのよ・・・?

しかもなかなかの高倍率・・・

もう願書も提出しちゃったし、今さらもうしょうがないけど・・・

「大丈夫!受かる気しかしないから!」

母の心配をよそに、本人は相変わらずの前向き発言。


5

本人の強い希望で塾にもいかず、ヘルニアに苦しんで座ることもできない日々が数ヶ月続いたり、通院や手術入院で欠席も多くなってしまったり・・・

決して順調とは言えなかった受験生活。

最後の最後まで心配は尽きない。

が、息子が自分で決めたこと。

どんな結果になろうとも悔いはなし。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

パパ、B型に感染する

1

パパがインフルエンザB型に感染した。

息子の受験が1週間前にせまっているという時期になんたる失態。

近づくんじゃない。


2

息子は自室に避難させて、夕飯も個別に運んだ。


3

パパは別室に隔離。

部屋中のあちこちをアルコールで拭きまくって除菌。

1ミリの油断も許さない。


4

さて・・・と。

酒の肴でもつくるか。

ゲソ天を食べたかったが、ゲソがなかったのでさきいかを買ってきた。

「個食美学」・・・100円♥


5

以前、さきいかにそのまま天ぷら粉つけて揚げたら固くってイマイチだったので、今回は日本酒をふりかけてしばし置き、ふやかしてみた。


6

そのあと天ぷら粉と青のり、水を加えた衣をまとわせて油で揚げるだけ。


7

サクッと味わい深い「さきいかの磯辺揚げ」

ほどよく塩分も抜けていい感じ。


8

レモンをキュッと絞ってそのままいただいてもよし、一味マヨにつけてもよし。


9

同じ家に居ながら、家族バラバラの夜。

不謹慎だが、このひとりの時間が楽しいと思ったりもした。

ちなみにインフルエンザ予防にホップ強めのビールが効果あると聞いた。

堂々と呑む理由ができてしまったじゃないか(*´∀`*)



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

顔面筋肉痛

1

朝起きたら顔面筋肉痛

普段、顔の表情筋をあまりにも使っていなかったことがわかる。

顔面筋肉痛の理由、それは昨日にさかのぼる。



2

よし子と宇都宮在住のふしみっちゃんと新宿に集合し、まずはランチ。

ホントは「レストランはやしや」に行きたかったが、まさかの改装工事で休業中・・・だもんで、街中ふらふら歩いてみつけた「にいむら」へ。

サーロインステーキランチか迷ったが、850円とお手頃なハンバーグランチをチョイス。

ステーキ注文したふしみっちゃんに味見させてもらったら、「ステーキにすればよかった・゜・(ノД`)」と後悔。

いや、ハンバーグも美味しかったけれどね。


3

ランチのあとは作品の素材探しにブラブラ。

気がついたらピンクの素材ばかり手にしていた。

暦の上ではもう春だもんね。

よし子はリアルなてんとう虫モチーフ、ふしみっちゃんは毒々しい羽根とか金色の鯉の模様の生地とか買ってた。

何作る気だろう・・・



4

歩いたら小腹がすいたので「餃子の福包」へ。

ランチ時が過ぎた15:00でも、入口には小さな行列ができていた。

でも回転が速くて、10分くらいで入店できた。


5

レモンチューハイで呑み直し。


6

ここのレモンチューハイはレモンの香りが立ってウマい!


7

さてさて餃子は・・・

ちょっと薄めの皮で焼き目はパリッと、餡はニンニクとニラが入っていて軽い。

6個で290円だが、20個だと870円で若干お得。

お酢だけでも十分美味しいけど、テーブルにある甘めの味噌だれ(?)でいただくのもまたウマし

11
みんなであっという間に平らげて、再び20個注文。

いや、食えちゃうよ。

餃子はもちろんウマいけど、みんなとの会話もおもしろくて笑いっぱなし。

8

散々笑って喋り倒したあとに、いよいよ本番。

実はチングルベル後藤さんと企画会社TSWのスタッフ・マキさんの合同バースデーお笑いライブに参加するために新宿に来たのだ。

9

もちろん「おいおい教祖様」もご出演♥

ちなみに教祖様、孤独のグルメseason2・第2話「中央区日本橋人形町の黒天丼」 でお店の息子さん役でご出演されていることについ最近気がついた。(もちろん素顔で)


10
笑い声か悲鳴かわからない騒ぎの中、自分の中でようやく今年一番の笑いの幕が上がった気がした。

帰りの電車の中ですでに顔の筋肉に違和感を覚えていたが、まさか今朝起きたら筋肉痛になっているとは・・・

もっといっぱい笑って、表情筋鍛えよう。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

わがまま節分



昨日は節分。

今年もせっせと巻き寿司をつくる

とびっこをたっぷり




こちらは梅肉と大葉でサッパリと




そしてかぶりつかずに切る。




酒と一緒にゆっくり味わいたいのさ

そして太巻きを自分でつくるのは、自分の好きなものを好き量だけ入っていてほしいから。




そして太巻き寿司には天ぷらが欲しくなる


白身魚を揚げて、めんつゆでも塩でもなく、今回はおろしポン酢♡


油がほしいけど、ポン酢でサッパリと食べるのがこの日の気分。


わがままな節分なのさ。






にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

「春」トリプル攻撃

久しぶりに春巻きが食べたくなった。

春巻きと言っても、私がつくる春巻きはいつもカンタン。


6

今回は春雨をつかった春巻き。

①まず春雨を熱湯で2~3分茹でる。

②ザルにあげて水にさらし、粗熱をとって水気をよーく切る。
  この時点で春雨が少し固くても大丈夫。

③食べやすいようにザクザク切る。



1

④タレをつくる。中華スープ(創味シャンタンをお湯で溶かししたものでOK)、醤油少々、ごま油、塩コショウ少々をテキトーに合わせる。

⑤ボウルに、半分にスライスしたむき海老、刻んだニラ、③の春巻きを入れて④のタレを加えてよく混ぜ合わせる。このタレを吸って春雨が柔らかくなる。
※ビシャビシャになるほどタレを入れちゃダメ。春雨にほんのり味が付く程度でOK


2

⑥春巻きの皮で巻いて油で揚げる


3

「春雨と海老の春巻き」

辛醤油をつけていただく。

パリッとした皮の中からプリッとした食感の春雨がクセになる。

春雨はもどし過ぎず、食感が残っていた方が美味しいと思う。


4

お酒はコチラ、 「伊勢角麦酒」の「さくらペールエール」

フルーティーなホップの香りにスッキリした飲み口。

やはり雪降る寒々とした季節より、春風がそよぐ太陽の下で飲みたいビール。

でも春を想うあまり、手を出してしまった。


5

昨夜は春雨に春巻き、桜のビール。

「春」トリプル攻撃。

そんな想いとは裏腹に、寒さはこれからが本番。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

寒いはずだよ

1

できるだけ風呂にはゆっくり入って汗をかくようにしている。

寒い冬はなおさら。


2

体の芯まであったまると、やっぱり最初はビールが飲みたくなる。

今夜は冷酒もいっちゃおうかな♪


4

鮭の塩焼きを軸に、茹でたカリフラワー、三つ葉の玉子とじ、味噌汁で脇を固める。


3

でも・・・冷酒とビールを呑んでたらすっかりカラダが冷え切ってしまった。

う゛ぅ゛・・・寒い・・・


5

で、いそいそとワンカップを温めて呑み直し。

コタツに入りながらもこんなに寒いなんて・・・


6

それもそのはず。

今朝起きたら雪だもの。


7

こんな寒い日ではありますが、春の新作が販売スタート!

早春の花「オオイヌノフグリ」をモチーフにしたアクセサリーです。




8

チングルベルさんのお店はまだオープン前ですが、すでにお問い合わせ&お取り置きいただいておりますm(_ _)m


9

現時点で 「雪の華チタンポストピアス」 はまだございます。


10

↑イヤリングやフック型ピアスと同じデザインで、つけるとこんな感じです


商品についての詳細、通販のお問い合わせはチングルベルさんまでお願い致しますm(_ _)m
↓↓↓

チングルベルさんHP↓↓↓
http://news.chinglebell.com/

チングルベルさんインスタ↓↓↓
https://www.instagram.com/chinglebell510/

チングルベルさんFacebook↓↓↓
https://www.facebook.com/chinglebell/


ぜひ、お気軽に お問い合わせ 下さいませ〜!
chinglebell510@gmail.com


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

満月が怖い

1

実は、子供の頃から満月が怖かった。

当時住んでいた場所は平地が広がり、小高い丘からデカいオレンジ色の満月がよく見えた。

小学校の帰り道、満月に遭遇すると怖くて怖くて、足がすくんだ。


2

なんというか・・・幼心に満月が「得体の知れない生き物」のように感じられて、追いかけられてるような、顔のない顔に見られているような、そんな感じ。

逃げるように全速力で家まで帰った。

3

ときにはあまりの恐怖に、通学途中にある母の仕事先にまで行って、満月のせいで一人で帰れないと泣きながらダダをこねて母を困らせたこともあった。

「満月が怖い」という私の言動に、母は理解に苦しんだようだ。


4

そんなワケで、カレンダーで満月の日をチェックし、満月の前後はできるだけ月が出る前に家に帰るように意識していた。

大人になってさすがにそこまでの恐怖は感じなくなったが、やはり出始めのあのデカいオレンジ色の月は今でもゾクッとする。


6

皆既月食だった昨日、そんな幼い頃を思い出しながら晩酌。

窓を開けて実際に見てみたい気もしたけれど、やはりオレンジ色の月ってのが怖くて、インスタにアップされる写真のみで抑えた。


5

余談だが、伯母(母の姉)は子供の頃にものすごくデカい月を見たと言っていた。

イラストのように、竹やぶの上に覆いかぶさるように月が出ていたと・・・

今思えば、それは月じゃなくてUFOだったんじゃないかと話している。

それはそれで怖いけど。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村